アイコン 厚労省 アストラ製ワクチン接種、原則40歳以上に

報道によれば・・・

厚生労働省の専門分科会は30日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、原則として40歳以上を予防接種法に基づく接種対象にすることを了承した。当面は安全性の調査などを目的に限られた人を対象に接種するほか、自治体のニーズに応じて供給し、希望する人に打てるようにする。

米モデルナ製ワクチンについて、接種対象年齢を現行の18歳以上から、12歳以上に拡大することも了承した。

厚労省はアストラゼネカ製を5月に特例承認した。だが、極めてまれに生じる血小板の減少を伴う血栓症の副反応が海外で報告されていたことから、当面、使用を見送っていた。

以上、報道より参照

 
 

 

ネットの反応では・・・

「氷河期狙ってきたか」

「血栓症とか怖いわ」

「そんな意地でも打たせなくてもいいんじゃないんでしょうか」

「アストラ製メインの韓国みたら怖くて打てない」

「台湾・越南に送ったやつだろ、自分らが怖がっててどうする・・・」

などの声があがっている。

 

[ 2021年7月30日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧