アイコン 隣国、オーナー財閥企業の巨額投資続く、日本は不正収拾で投資どころではない


投資しなければ未来の果実は得られない。日本は政府主導で聖域なき削減により研究開発投資の削減を続け、企業まで政府を真似、無毛の20年を経過させてきた。
一方、隣国では
<サムスン>
サムスングループが今後、5年間450兆ウォン(45兆円/年9兆円/1ウォン0.1円で換算)という大規模な投資計画を5月24日発表した。
 サムスンの投資分野は2大先端産業分野である半導体とバイオ、さらに新成長情報技術(IT)分野。新成長ITには人工知能(AI)と次世代通信6Gなど第4次産業革命の技術主導権を握ろうとしている。うち隣国内投資額は36兆円で全体の80%。

スポンサーリンク

IT部門では、全世界7地域のグローバルAIセンターを通じて先行技術開発に着実に乗り出す。人材採用も今後5年間で8万人を新規採用する。サムスンは2018~20年に4万人を採用し、昨年も3年間で4万人の採用計画を発表していた。今年、昨年より20%ほど増やし毎年1万6000人を採用する。

平沢半導体工場3ライン(P3)が今年下半期に稼動。ここにはメモリ半導体ラインとともにファウンドリラインも一緒に構築される。
サムスンは現在、汎用性のメモリ半導体の圧倒的シェアを握り、2030年までには使途限定および受注生産による価格に左右されないシステム半導体でも世界ナンバー1になると宣言している。
2024年には米国のテキサス州タイラー市に170億ドル(約2.1兆円)を投資して建設することになるファウンドリ工場(半導体ファブレスメーカーからの受注生産)の稼動を控えている。
業界では平沢のP3ラインとタイラー工場が稼動してもサムスン電子が現在の注文を全て消化するには足りないとみられている。
今回サムスン電子が増額した投資金額の相当部分はP2まで稼動している平沢半導体工場をP6まで拡大する投資計画。P3は今秋にも稼動を開始、P4は用地造成中となっている。サムスンはP3だけで5兆円を投資したと見られている。今回の計画でP4・5の計画を早めるものと見られている。

バッテリーのサムスンSDIは、世界4位のステランティスとの合弁事業で、米インディアナ州に二次電池工場を建設する。総投資額は約2千億円。ステランティスにはジープの米クライスラーが陣取る。2025年上半期に年産23ギガワット時、その後の追加投資(約1千億円)により31~40ギガワットまで増やす計画。

<SK>
SKは26年までに24.7兆円を半導体やバッテリー、バイオなどの主要成長分野を強化するため投資すると発表した。うち14.2兆円を半導体と半導体素材に投じる。
(バイオは医薬品事業、新開発は限られ、欧米大手の医薬品メーカーからの委託生産とジェネリック医薬品の製造の2本立てが主流。日本のジェネリック医薬品企業は製造不正で投資どころではない)

<LG>
LGは26年までに国内に10.6兆円を投資。うち4.8兆円を研究開発(R&D)に投じ、バッテリー(電池)や電池素材、次世代ディスプレー、人工知能(AI)などの未来成長分野が4.3兆円を占める。

<現代自>
現代自動車G(起亜+現代モービス)は2025年までの4年間、韓国内だけで6.3兆円を投資すると発表した。EV、FCV、HVの高度化などに1.6兆円、航空モビリティや自動運転などに投資を続ける。

<ロッテ>
ロッテは、バイオ工場新設、大規模な複合モール開発、バッテリー関連素材など5年間に3.7兆円投資する計画。傘下のロッテケミカルは3600億円を投じ、すでに2019年から米ルイジニア州で石油化学工場を稼動させている。

<ハンファ>
兵器の輸出が絶好調のハンファは、エネルギーと炭素中立、防衛産業・宇宙航空など5年間に、国内での2兆円を含め、計3.7兆円を投資する。
トランプ米政権時代にミサイル開発の制限が撤廃され、同社がその開発の核心企業でもある。攻撃・迎撃・SLBMなどすでに関係し多くの火器を生産し、政府主導の兵器輸出も堅調に推移させている。
以上、

隣国は過去日本がそうであったように、10大財閥により経済や輸出のほとんどが動かされている。
一方、日本を代表する元財閥企業の三菱電機は、不正が調査するたびに出るわ出るわ、投資どころではない。
日本の大企業は、アベノミクスで空前の利益が出ても、何も投資もせず、従業員に還元もせず、経営陣の身の保全のため内部留保に務め一途に株主還元するサラリーマン経営者たちばかり、当然プロの経営者でもない。
また、旧財閥系など大手製造企業は過去の経営者の遺産を食い潰すどころか不正や粉飾で汚しきり、日本の信用すら失しさせる始末で先が何も見えてこない。
昔のサンヨーやシャープに見られた独自開発力を量子分野で垣間見せる東芝、天下りを禁止し将来に夢を託せる経営者に任せる産革新機構に期待したい。紐付きだったら先はない。

 

[ 2022年5月27日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧