アイコン 韓国5社の自動車販売台数の上半期 1.2%減の412万台=2年ぶり減少 6月は・・・


韓国の現代自動車、起亜、韓国GM、ルノーコリア自動車、KGモビリティー(旧、双龍)の完成車メーカー5社が1日に発表した資料によると、5社の1~6月の世界販売台数は計前年同期比▲1.2%減の411万9735台。5社の1~6月の世界販売台数が前年同期を割り込んだのは2022年以来。

<1~6月の国内販売台数は>
前年同期比▲11.7%減の67万373台。70万台を割り込んだのは2022年同期(66万8886台)以来で、2010年以降、4回目。
1~6月の海外販売は、前年同期比1.1%増の344万9362台。 
5社の6月の世界販売台数は、前年同月比▲3.9%減の71万3196台だった。

 

スポンサーリンク

<6月の販売台数のメーカー別では>
現代自は、
国内が▲14.8%減の5万9804台、海外が▲4.4%減の29万1712台。国内と海外を合わせた世界販売台数は▲6.3%減の35万1516台。
現代自グループの起亜は、
国内が▲13.4%減の4万4284台、海外が▲1.7%減の22万3252台。世界販売台数は▲3.9%減の26万7536台だった。
韓国GMは、
国内が▲63.2%減の1901台、海外が▲12.5%増の7万3883台。世界販売台数は7.0%増の7万5784台だった。
KGモビリティー(旧、双龍)は、国内が▲28.8%減の4102台、海外が17.2%増の5256台。世界販売台数は9358台だった。

ルノーコリアは、
国内が18.6%増の2041台、海外が24.8%増の6961台。世界販売台数は23.4%増の9002台と好調だった。
6月の国内販売台数が最も多かったモデルは起亜の多目的レジャー車(RV)「カーニバル」で8097台を記録。次いで起亜の多目的スポーツ車(SUV)「ソレント」が7307台で多かった。
韓国の国内販売台数は2月から5ヶ月連続減となっている。
インフレ退治および為替対策の金利高、
不動産市況の低迷、
経済低迷、
消費低迷、
輸出は主力の半導体が回復、総じて回復中という韓国の経済環境。

[ 2024年7月 2日 ]

スポンサーリンク
  

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧