アイコン 米トランプがメディア批判 NYT社主と会談 双方譲らず フェイクニュース

 

 

米トランプは、体制派でメディア王マードックが率いるFOXニュース以外フゥイクニュース社だと批判している。
批判的なCNNは常に槍玉に上げられ、記者会見から除外したり、ワシントン・ポストをたたくのに、実質オーナーの会社であるアマゾンを安い郵便料金を利用しているとして猛批判を展開したり、フェイクニュース社を羅列したり、批判的なメディアに対して徹底して批判している。

トランプ米大統領は29日、ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の発行人(社主)のサルツバーガー氏と会談したとツイッターで明らかにし、政権に厳しい同紙の報道を非難した。

これに対し、サルツバーガー氏は声明を出し、トランプ氏のメディア攻撃は「米国にとって有害だ」と会談で批判したと強調した。
大統領と有力紙トップが公然と意見を衝突させる異例の事態となった。

ニューヨーク・タイムズによると、サルツバーガー氏はトランプ氏の招待を受け入れて7月20日に会談。

スポンサード リンク

サルツバーガー氏は声明で、トランプ氏が意に沿わない報道を「偽ニュース」と呼んで攻撃していることに懸念を示し「記者に国民の敵とのレッテルを貼っていることにさらに大きな憂慮を伝えた」とした。

だが、トランプ氏はツイッターで「報道の自由には、正確に報道する責任が伴う」とし「メディア報道の90%は政権に否定的で、メディアへの信頼は過去最低だ」と主張し、サルツバーガー氏の意見を拒否した。
以上、報道参照
どこの国でも一緒のようだ。

トランプ政権の中には、FOXニュース以外のインタビューや取材に応じているが、ホワイトハウス内のゴリゴリの忠犬のスタッフは、FOXニュースしか対応していない。
トランプは自己発信のメディアとしてツイッターを最大限利用、ツイッターがなくなれば、その力は1/3まで激減する。

メディアを制するものは世界を制す・・・マクルーハン

トランプのツイッター砲言
...dying newspaper industry. No matter how much they try to distract and cover it up, our country is making great progress under my leadership and I will never stop fighting for the American people! As an example, the failing New York Times...

...and the Amazon Washington Post do nothing but write bad stories even on very positive achievements - and they will never change!

<北朝鮮への対応、大幅後退>
もう、「検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)の言葉は使用するな」との緘口令がホワイトハウス内に敷かれたと報道されている。大幅な後退でしかない。

11月6日の中間選挙向けのパフォーマンスであり、北朝鮮に11月5日までに遺骨をもっと多く返還させ、選挙向けに終戦宣言を発する可能性がある。終戦宣言は北朝鮮・韓国・中国・ロシアの思う壺である。一気に経済制裁の大幅緩和や制裁の特例事項を作り、これら3ヶ国は北朝鮮に向け、実質、大々的に経済支援するものと見られる。
韓国は文政権の経済労働政策により、経済が糞詰まり状態になっており、文政権がこれを打破するには、北朝鮮特需で一転突破全面展開をはかるしかない状態に追い込まれている。

スポンサード リンク
[ 2018年7月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ