アイコン 韓国大統領専用機 制裁で米入国禁止だった G20謎のチェコ経由解明

 

 

文在寅大統領の専用機が「北朝鮮を訪問した飛行機は180日間(6ヶ月間)米国を訪問できない」という米国の対北朝鮮制裁の適用を受けていることが12日分かったと朝鮮日報が報じている。

これにより、南北首脳会談直後の9月24日に文大統領が国連総会出席・韓米首脳会談のためこの専用機で米ニューヨークを訪問した時は、「制裁の例外」を認めてもらう手続を取っていたことが確認された。

外交消息筋は、「米国と協議して特別許可を受ければ、米国を訪問できる。しかし、このような制裁免除手続きは1回ではなく、訪米のたびにする必要がある」と語った。
トランプ米大統領は、北朝鮮に行ったすべての飛行機は、それから180日間以内は米国に入れないという内容の対北朝鮮独自制裁(大統領令13810号)に昨年9月署名している。
この大統領令には、特別許可を受ければ制裁を免除するという例外規定がある。

スポンサード リンク

文大統領の専用機が南北首脳会談のため9月18日から20日まで平壌に行き、その後ニューヨークを訪れたのは、このような例外規定と米韓間の協議があったから可能だった。
米政府関係者は、こうした事実を認め、「北朝鮮を訪問した以上、韓国大統領の専用機だろうと制裁対象に含まれる」と述べたという。

韓国政府も、大統領府国家安全保障会議(NSC)、儀典室、外交部(省)の北朝鮮核問題担当すべてが「制裁の例外を認めてもらう手続きが必要だ」との意見を出したという。
しかし、米国は一度制裁免除を出しても、180日間の制裁期間中は訪米のたびに例外規定に従うよう要求してくるため、韓国大統領府内部では、「米国は韓国にこれほどまでのことをするのか」と不満の声が上がっているという。

9月末の20ヶ国・地域首脳会議(G20)に出席するため、開催地アルゼンチンのブエノスアイレスを訪問する際、韓国大統領府が中継地に急きょチェコを選んだのも、大統領専用機の制裁適用問題と関連があることが分かった。
韓国大統領府は当初、アルゼンチンを訪問する前に中継地として米ロサンゼルスに立ち寄り、同地の韓国人・韓国系住民との懇談会開催を推進していたが、直前になって、「原発の売込みを図るため」と国民をだまし、大統領不在のチェコを訪問することを決め、その背景が取りざたされていた。

韓国大統領府関係者は「中継地がロサンゼルスからチェコに変更されたのは、米国の対北朝鮮制裁とは無関係だ。大統領専用機が制裁の適用を受けているというのはとんでもない話だ」と否定している。
以上、

チェコ経由とロサンゼルス経由ではロサンゼルス経由が若干短いが、飛行時間は、偏西風に向かって進むチェコ経由では3時間あまり長時間の飛行となる。

大統領府はチェコ経由の訪問は「原発の売り込み」と前宣伝していたが、チェコの大統領が不在で、同行の記者たちが騒ぎ出し、大統領府は「原発の売り込みはない」と嘘だったことを認め、それでも、何故、チェコ経由にしたのか不明だった。

大統領府が事前に米国から許可を取らなかったのは、失態か、プライドから申請しなかったのか。それとも、直接米国内に関係がない用件であり、韓国から提出された事前申請を米国側が否決したのか。

文大統領の青瓦台スタッフや閣僚たちは、皆、北朝鮮が意向には熱心であるが、米国も含め、ほかの国に対しては素人集団、康京和外交部長官はズブの素人、それも文大統領の積弊清算により、外交部の官僚たちも実力者たちが皆左遷させられ素人集団、外交部の官僚で米国と人脈を持った者も今ではいない。

そのため、文大統領の昨年12月の中国への国賓訪問も事前調整できず、訪問期間中に、大統領に一人食事させる始末だった。それ以降、青瓦台のスタッフたちから、北朝鮮外交でもまったく相手にされていない外交部長官康京和氏である。

ただ、康京和氏は長い国連の生活で、人権を扱う部門に在籍し、日本に対して慰安婦問題で、「日本勧告」を何回も出させた張本人でもある。国連での日本勧告当時の康氏のバックには、歴代最低と世界の有力各紙から評された韓国元外交長官の潘基文が国連総裁を10年も務めていた。
文大統領は、女性閣僚のお飾りとして、反日閣僚として起用し続けている。
以上、
日本の閣僚は、スケペ根性を出し、見誤るでないぞ。
韓国の女性の国会議員は全員、反日の急先鋒者ばかり。一人として親日的な発言をする者などいない。男性議員にしても同じだが、親日的発言は、文在寅・文正仁らに洗脳されたロウソク民心たちから「親日か」と寄って集って攻撃され、政治生命も危うくなることから、文在寅政権下では、保守系男性議員にしても親日的発言は禁句となっている。

↓韓国の大統領専用機
大韓航空からの借り上げで民間機扱い。米国も日本も軍が管理・運航している。そのため民間空港に着陸するか、事前に特別申請しなければ、通常、基地に着陸するかの違いもある。

1213_08.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2018年12月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ