アイコン 文大統領言いたい放題 額賀日韓議連会長に

 

 

文在寅大統領は14日、日韓議連会合のため韓国を訪問している額賀福志郎会長ら代表団と会い、「和解・癒やし財団」の解散に言及し、「徴用工問題」についても次のように語った。

文大統領は慰安婦問題について、
「和解・癒やし財団はかなり以前から活動と機能が停止し、理事陣もほとんど退任し、議決機能も難しい状態」
「いかなる活動もない状態で運営と維持費だけが支出されてきたため財団を解散した」
「その残余金と10億円は本来の趣旨に合わせて適切な用途で活用されるよう韓日両国が協議していくことを望む」
「韓国政府は十分な時間をかけて政府部処と民間、専門家が集まり、解決方法を模索していく計画」
「この問題については、両国民の敵対感情を刺激しないよう慎重で節制された表現が必要だ。未来志向の韓日関係を重要だと考え、政府内部で協議している」
と述べた。
(「親日」のレッテルを貼らせ陰険にも辞任・退陣に追い込んだのは文在寅氏自らだ)

スポンサード リンク

徴用工問題については、
「日韓の基本協定を否定するものではない」
「基本協定は有効だが、労働者個人が日本企業に求めた損害賠償の請求権まで消滅したものではないと判断したもの」
「強制徴用労働者問題は司法部の判決で、日本と同じく、韓国も三権分立が確立しており、韓国政府としてはこれを尊重しなければならない」と説明。「韓国政府は十分な時間をかけ、政府や民間、専門家が集まり解決策を模索していく」
「この問題について、両国国民の敵対感情を刺激しないよう、慎重で抑制された表現が必要だ」
「両国間の友好的な情緒を損ねることは日韓の未来関係発展に役立たない」
と話した。
以上、

文大統領の悪癖、積弊清算により警察、検察、司法を動かし、前政権・前々政権の関係者を大量にしょっ引き、すでに自殺者3人も出し大勢の関係者を収監している。三権分立などよくぞ綺麗ごとを言えたものだ。文氏の積弊清算の一環で日本も反日処理されている。
金正恩と何が変わろうか。

額賀氏が現時点で何を思い文大統領とあったのだろうか。飛んで火にいる夏の虫の額賀氏だ。愚か。
安倍首相は、日韓議連会合のため韓国を訪れた額賀氏に、文大統領への親書を渡さなかったとして韓国マスコミは非礼だと掲載している。日本に対して、やりたい放題の文大統領に対して非礼も無礼もない、パプアニューギニア、ブエノスアイレスに続き安倍首相は大正解だ。

スポンサード リンク
[ 2018年12月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ