アイコン トヨタグループの19年2%増の販売計画台数と18年の見込み

 

 

トヨタグループは今年の販売台数見込みと来年の販売台数計画を発表した。それによると今年の販売台数見込みは前年比2.0%増の1055万台、19年は前年比2.0%増の1076万台を計画している。

トヨタの生産は、国内を増加させ海外は据え置く計画、ダイハツは今年からトヨタ向けの生産も加わり、特に海外生産は今年57%増57万台、合計でも20%増の152万台と大きく増加させている。19年も海外では6%増の57万台と増加させる。(トヨタはダイハツのように低コストで車輌を造れなくなっており、小型車を生産委託している)

ただ、中国は市場が7月からマイナス、9月からは2桁マイナスと米中貿易戦争、経済低迷で鈍化する中、トヨタは一人勝ちの様相で増加させており、来年も続くか課題もある。
中国では、政府が2019年からEVなど環境車販売を販売総台数の10%のノルマをかけ、未達成には金銭的ペナルティを支払うことになる。環境車・EV元年になる。

スポンサード リンク

トヨタは政府主導のFCV開発とHVに固執しすぎてEV開発が遅れ、本格販売開始は20年からとなる。それまでは、プリウスなどのPHV車の販売と提携先の広州汽車からEVの提供を受け、トヨタとして販売する計画だ。

ただ、トヨタとしては、世界最大の中国市場をシェア拡大で攻略する計画のようで、強気の営業政策を続けるものと見られる.
ちなみに、ライバルのGMもVWも中国市場で400万台以上販売している(トヨタは150万台にとどまる)。これは、市場の販売拡大期に尖閣問題が発生し、乗り遅れるどころかマイナスから再出発していることによるもの。

ブラジルでは、サトウキビ原料のエタノールを燃料としたHVを生産開始することから、今後期待される。

 

2019年のトヨタGの世界販売台数計画
 
トヨタ
ダイハツ
日野
合計
 
万台
前比
万台
前比
万台
前比
万台
前比
世界販売
968
2.0%
87
2.0%
21
5.0%
1,076
2.0%
国内
157
0.0%
67
3.0%
7
0.0%
231
1.0%
海外
811
2.0%
20
0.0%
14
8.0%
845
2.0%
2019年のトヨタGの世界生産計画
 
トヨタ
ダイハツ
日野
合計
 
万台
前比
万台
前比
万台
前比
万台
前比
世界販売
909
2.0%
156
3.0%
210
100.0%
1,086
2.0%
国内
337
7.0%
99
1.0%
150
-6.0%
451
5.0%
海外
572
-1.0%
57
6.0%
60
20.0%
635
0.0%
2018年のトヨタGの世界販売台数見込み
 
トヨタ
ダイハツ
日野
合計
 
万台
前比
万台
前比
万台
前比
万台
前比
世界販売
950
1.0%
85
4.0%
20
8.0%
1,055
2.0%
国内
157
-4.0%
65
3.0%
7
3.0%
229
-2.0%
海外
793
2.0%
20
7.0%
13
11.0%
826
3.0%

スポンサード リンク
[ 2018年12月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ