アイコン JFEスチール 千葉第6高炉で設備トラブル 40万トン減産

 

 

JFEスチールは20日、東日本製鉄所千葉地区の第6高炉に設備トラブルが発生し、12月13日から生産を休止していたことを明らかにした。

既に操業は再開しているが、完全復旧までには1ヶ月程度かかり、約40万トンの減産を予想している。

千葉地区は、自動車に使う鋼材を多く生産、今後の供給に影響する可能性がある。決算への影響は現時点で未定。

以上、報道参照

スポンサード リンク

同社は、どうしてリリースしないのだろう。40万トン減産は些細なことにしているのだろうか。

スポンサード リンク
[ 2018年12月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ