アイコン 11月の貿易収支▲7,373億円の赤字  高値買いの原油価格が要因

 

 

財務省が19日発表した11月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は▲7,373億円の赤字だった。
原油価格の上昇により輸入額が膨らんだのが要因。赤字は2ヶ月連続。

輸入は、前年同月比12.5%増の7兆6,649億円で、11月としては過去最高。中東からの原油が増加し、全体を押し上げた。
原油の先物価格は最近、世界的な景気の先行き懸念から下落しているが、貿易統計に反映される価格では高水準が続いているという。高い価格で買い付けていたものと見られる。

輸出は、バハマ向けの船舶などが増え、0.1%増の6兆9,276億円。2ヶ月連続で増加したが伸び率は鈍化した。

スポンサード リンク

国・地域別では、
米国に対する貿易収支が6,234億円の黒字だった。黒字幅は5ヶ月連続で縮小。自動車の輸出が減ったが、飼料用の穀物などの輸入が増えたことが影響し、航空機の輸入も減った。

欧州連合(EU)とは、▲1,382億円の赤字、輸入で自動車、有機化合物、医薬品が増加した。来年はEUとの自由貿易協定が発効することから、赤字が拡大するおそれもある。

中国とは、▲5,031億円の赤字、PCやスマホなどの輸入が増えたことが要因。

スポンサード リンク
[ 2018年12月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ