アイコン 中国漁船拿捕 僚船が大挙接近中、水産庁取締船は逃走するしかなかった

 

 

鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で11月、水産庁の取締船「白萩丸」から立入検査を受けていた中国漁船が同庁職員12人を乗せたまま半日以上逃走した事件で、漁船を追跡する取締船に多数の中国漁船とみられる船団が接近していたことが27日、同庁への取材で分かった。
漁船団と対峙すれば、船舶事故など大きなトラブルになる可能性があるとの判断から、取締船は職員らの収容を優先せざるを得なかった。

政府関係者や水産庁によると、中国漁船は11月5日午前10時ごろ、外国人の違法操業を規制するEEZ漁業法違反容疑で同庁職員が立入検査を始めた直後に漁を再開したうえ逃走。取締船が追跡して停船を求め続けた。この間も漁船に乗り込んだ職員12人は立入検査を続行していた(嘘だろう)。
以上、報道参照

スポンサード リンク

水産庁も脇が甘い。漁船のエンジン切るか、コントロールするかしろや。茶番。
情報を全部明らかにせず、追及され小出しにするのはお役人の汚い根性。

韓国では、EEZ内の中国の違法操業船に対して、海警艇の警備員は、危険を察したら発砲してもよいことにした。実際、射撃したところ、その後、怖くて、中国漁船はほとんど来なくなっている。それ以前は双方で何人も死亡している。

逃げるが勝ちだが、こうした中国の漁船たちに何か対応策はないものか。
ウンコにより臭いスカンク爆弾を空中から中国漁船に直下型で撒けば、取った魚は臭くて売れず、漁船員も臭くてすぐ逃げ出すことだろう。

<↓韓国での中国違法操業船と取締船の対峙>
中国漁船はこうして拿捕されそうな僚船を奪還する。棒やナイフで攻撃もしてくる。

1229_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年12月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ