アイコン カシオ 45歳以上200人リストラヘ

 

 

「カシオ計算機」は、200人ほどの規模を想定した早期退職を募集すると発表した。事業の規模にあわせた人員に収益を強化するためとしている。
カシオ計算機は、国内に約2900人の社員がいるが、このうち営業や総務などの部門に在籍する、勤続10年以上で、45歳以上の社員と50歳以上の管理職を対象に、早期退職を募るという。
カシオ計算機が早期退職を募るのは、前身の「樫尾製作所」を創業した昭和21年以来、初めて。
対象になるのは約700人で、このうち200人程度が応じることを想定している。
カシオ計算機は今年度、構造改革を進めていて、昨年5月には市場が縮小していたデジタルカメラ事業から撤退している。

こうしたことから事業規模にあわせた人員にし、収益を強化するため今回の対応を取ることになったとしている。
早期退職は2月から募集し、応募者には退職金を加算し、再就職の支援を行うとしている。
発生する費用は、今年度の決算に特別損失として計上する予定。
以上、

スポンサード リンク

45歳以上はそれだけ報酬も高い、しかし、この世代は家を購入したりしており、その返済や子育てでお金が一番かかる世代でもある。
リストラするのが初めての割には、最悪の経営者による最悪の企業ではないのだろうか。
会社側では、すでにリストアップもしているものと見られる。鬼畜。

 

カシオ計算機
連結/百万円
16/3期
17/3期
18/3期
19/3予
売上高
352,258
321,213
314,790
320,000
営業利益
42,169
30,636
29,568
35,000
経常利益
41,069
26,239
28,726
33,000
当期利益
31,194
18,410
19,563
23,000
総資産
368,454
351,452
364,398
1月31日発表分
自己資本
202,111
196,332
206,691
資本金
48,592
48,592
48,592
有利子負債
77,293
73,178
73,218
自己資本率
54.9%
55.9%
56.7%

スポンサード リンク
[ 2019年2月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ