アイコン 韓国政権、日本に対して言いたい放題、日本政府には無視対応

 

 

韓国政府は、2016年12月に締結された日韓政府による慰安婦合意についても、合意に基づき成立された財団を女性家族部(省)が解散させ、法人登記を抹消させた。
元徴用工問題では、2018年10月30日の韓国最高裁確定判決を受け、韓国政府は対処するとしたものの、何も対処せず、痺れを切らした日本政府は1月5日に、1965年協定に基づき、2月8日の期限を切り、協議することにつき返答を求めたところ、無視されている。

「戦争犯罪者の『日王』の息子が謝罪せよ」の文喜相国会議長の発言に対して、河野外相の「撤回して謝罪せよ」の要求に対して、無視どころか、「日本の河野外相こそ無礼だ」と韓日議連の姜昌一会長が怒鳴り上げている。

安倍首相が文喜相国会議長に対して「撤回要求」したことについては、文らはダンマリを決め込んでいる。

彼らは韓国では、日本に対して強硬な意見を言うほど、注目される人物になることを熟知し、韓国民もそれを喜ぶことから、誰彼となく、反日無罪の反日批判を言い続けている。

文喜相、姜昌一は、社会主義民族政党の「共に民主党(=文政権与党)」であり、正義党とともに反日強硬派の政党である。

スポンサード リンク

韓国の公共放送KBSテレビに至っては、「安倍政権は、火力を全開にして韓国を砲撃している。その背後には、韓国という『外敵』によって内部の団結を図り、憲法改定の目的を達するという算段があるのだ」と分析しアホ丸出しの報道をしている(韓国の日本に対する文化制裁は戦後から続いており、KBSは公共放送として日本語の歌など全面禁止している左派政権ご用達放送局)

日韓議連など早々に解散すべきであり、日本側会長の額賀衆議は、前回訪問では文在寅を表敬訪問し、節操もなくニコニコしどうしだった。

<安倍首相のこれまでの対応も問題>
2012年12月から政権を預かる安倍首相は、元徴用工問題でも2013年の最高裁差し戻し判決を新日鉄住金に上告させたものの、この間、何の手立てもせず、百歩譲っても2017年5月8日文在寅が大統領になり、2018年10月30日の確定判決までの1年と5ヶ月間、指を咥え、時間が来るのを待っていた。

日本が世界で信用を損なう動きをしている韓国に、そこまで何で譲歩する必要があるのだろうか。韓国と仲がよかった爺様の怨霊が取り付いているのか。

もしも韓国側が新日鉄住金の出資金を換金した場合、その対応は、安倍首相の韓国に対する最後のチャンスとなる。

日本政府は、当初、韓国政府の日本資産をどうじゃらと言っていたが、何もできないようだったら米追随主義だけの、外交力0の安倍首相との烙印が押されても仕方あるまい。
そうした弱腰首相で、参議選が戦えるのだろうか。

1歩譲歩したら、百歩でも千歩でもズケズケは入ってくるのが世の慣わし、韓国がその典型的な例だろう。
現在の韓国政府は、ナショナリズム社会主義政権であり、自由主義陣営の日本とは相容れない。
政権が変わるまで、外交を完全ストップし、日本の財産や信用にかかわる韓国および韓国政権の行為には、即、経済制裁に動くべきだ。大使召還など当然のこと。
中国が韓国に対して貿易制裁したように。ただし観光制裁は外すべきだ。

(中国の制裁に対して、文在寅は大統領になったその年の年末に、中国に対して3不の誓いまでしてにじり寄り、国賓訪問までムチャ振りしたものの、中国は制裁を実質何も解除せず、毅然とした対応をとり続けている)

制裁しなければ、戦後の爺様の政権を引きずったままの戦後継続政権となる。
文政権に比べ、日韓関係がまったくなかった李承晩政権がよほどよいことか。

現在の韓国政権に対して、未来指向など絵空事。北朝鮮と何が変わろうか。

<この間何をしていた日本政府・安倍首相>
2012年5月、韓国最高裁は、元徴用工に請求権はないとした高裁判決を破棄し、高裁に審理を差し戻した。
2013年6月、高裁は差し戻し審で、新日鉄住金に対して、賠償金一人当たり1億ウォンを支払えと判決した。
同月、新日鉄住金は、最高裁に上告した。
(この間5年、日韓関係を心配して判決を出さなかった当時の最高裁長官は、3権分立を講釈した文在寅により収監された)
2018年10月30日、最高裁は、高裁判決を踏襲した確定判決を言い渡した。
以上、

 

現代韓国人の20の国民性格
(著者:李符永・ソウル大学教授)2015年発刊
(01)依頼心が強い
(02)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(03)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(04)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(05)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやる
(06)計画性がない
(07)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(08)見栄っ張りで虚栄心が強い
(09)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)「見てくれ」に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする
間欠性爆発性障害=憤怒調節障害
追、朝鮮日報:怒りを抑えられない間欠性爆発性障害=憤怒調節障害者急増している。2013年の焦りや逆上などが関係する不安障害者患者数は49万人とされている(2010年41万人)。さらに増加しているものと見られる。
↓追、拓殖大の呉善花教授
(番外)韓国には『悪者は完全に潰す』という国民性がある。韓国の国会・地方の議員にも共通する国民的性格である。敵対する人物に対しては3代抹殺が当たり前だった李氏挑戦時代を感情的に色濃く残す民族。
ニクソン大統領のコリアン分析
1972年2月、ニクソン米大統領が訪中し、周恩来首相に対して「南であれ、北であれコリアンは衝動的な人々だ。重要なのは、我々がこの衝動的で好戦的な人々が事件を起こし、我々の国(米・中)を困窮に陥らせないよう影響力を発揮することだ」と話した。


 

スポンサード リンク
[ 2019年2月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ