アイコン Xデー「三・一」元韓国軍首脳ら、ついに文大統領に"決起"か!? 過度な「従北・離米」姿勢に反発強まる

 

 

今の韓国は日本で言えば共産党の志位さんや、社民党の福島、立憲民主の辻元、枝野氏らが作ったような政権である。

韓国を取り戻せといって、いつクーデターが起きても不思議ではない。

夕刊フジのこの記事に注目してみた。

スポンサード リンク

ZAKZAKby夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/

0221_04.jpg

Xデー「三・一」元韓国軍首脳ら、ついに文大統領に“決起”か!? 過度な「従北・離米」姿勢に反発強まる

ドナルド・トランプ大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による2度目の米朝首脳会談が27、28日、ベトナムの首都ハノイで開催される。朝鮮半島の非核化や平和構築が注目されているが、実は水面下で“動乱の兆し”があるという。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による過度な「従北・離米」姿勢に韓国軍OBらが反発しているうえ、北朝鮮でも金王朝の「独裁継続」への抵抗が見られるのだ。わが国は安全保障環境の激変に備えているのか。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情勢に迫った。

徴用工 韓国 文在寅大統領
 「来月1日は、日本統治に抵抗した『三・一独立運動』の100周年だ。文大統領は、正恩氏と結託して、南北一体の『大規模な反日運動』を計画している。日本の左派勢力も巻き込んで、安倍晋三首相を罵倒し、日本を激しく攻撃するつもりだ。だが、その裏で驚愕情報がある。文大統領を引きずり下ろす『クーデターの動き』がある」

 米情報当局関係者はそう語った。

 ふざけるな! いわゆる「元徴用工」の異常判決や、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長による「天皇陛下への謝罪要求」など、常軌を逸した「反日」行動を連発する韓国が、どの顔下げて、安倍首相とわが日本を罵倒・攻撃するのか。恥を知れ。

 問題は「クーデターの動き」だ。


朝鮮日報(日本語版)は12日、《三・一節:文政権の安保政策に批判的な予備役将官数百人、大規模集会を計画》という記事を掲載した。

 元国防相や元海軍参謀総長など9人が共同代表を務める「大韓民国守護予備役将星団」(将星団)が先月発足し、元将官ら約500人が加入した。同団の関係者は、「三・一独立運動」の記念日にソウル都心で、文大統領を批判する「大規模集会を開く案を検討」というものだ。


実は、将星団は1月30日付で「大韓民国国軍に告ぐ」という声明文を軍幹部に送っていた。そこには以下のように書かれている。

 《彼ら(文大統領や従北政治家)の亡国的行為を命懸けで拒否せよ》《韓半島全体を金日成主義国家へと導く大韓民国共産化の陰謀を直ちに中断させ、わが祖国大韓民国を死守せよ》《決死報国せよ》

 これは、決起文ではないか!

 旧知の韓国軍関係者は「軍内部でいま、文大統領への怒りが、すさまじい勢いで噴き出している。『文大統領は金正恩党委員長の犬だ』『このままでは世界から敵視される。韓国は潰れる』などだ」といい、明かした。

 「韓国軍OBらは『文大統領はおかしい。北朝鮮の完全非核化を無視している。大統領府やバカな上官の命令は聞くな!』と、現役幹部に迫っている。一部幹部らは『軍をあげた3・1の予備役将官のデモへの参加』だけでなく、『クーデターの是非』を真剣に議論している」

驚かないでいただきたい。クーデターの動きは、北朝鮮にもあった。以下、複数の米軍、米情報当局関係者から得た情報だ。

 「正恩氏は、専用車として『ロールスロイス・ファントム』(約50万ドル=約5500万円)や、『メルセデスベンツ・マイバッハS600』(100万ドル以上=約1億1000万円以上)を使ってきた。今年初め、マイバッハS600で平壌(ピョンヤン)市内を走った。『経済制裁など効いていない』と米国に見せつけるためだ」

■北以上に危険な韓国

 「その姿に、飢餓に苦しむ軍と人民が反発した。1月下旬に、平壌で大規模なクーデターが発覚し、正恩氏は慌てて制圧、粛清した。箝口(かんこう)令が引かれた。正恩氏は雲隠れした」

 そして、続く情報はこうだ。

 「トランプ大統領との2回目の米朝首脳会談が今月末、ベトナムのハノイで行われる。実は昨年6月、シンガポールで行われた1回目の首脳会談時にも、平壌でクーデターの動きがあった。正恩氏は真っ青だった。今回も、そうした動きがある。正恩氏はビクビクだ」

 外務省関係者はこういう。

「北朝鮮以上に、韓国が危ない。文政権は、反政府一派の『ブラックリスト』をつくり、反政府活動を潰してきた。しかし、経済政策の大失敗で、倒産ラッシュ、失業率の急増、生活苦となり、国民の不満が爆発している。押さえ切れなくなっている。だからこそ、文大統領は狂ったように『反日』を煽り、国民の不平不満を日本に向けさせ、延命を図る危険が高い」

 本当に、とことん迷惑な隣国だ。

 日米両国は「文大統領率いる韓国は同盟国ではない。北朝鮮と一体の敵性国家だ」とみている。安倍政権は、米国と足並みをそろえ、「戦略的制裁」を決断している。

 日本は毅然としていればいい。韓国のバカ騒ぎ、わめき声に付き合う必要は、天地がひっくり返ってもない。

 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。

スポンサード リンク
[ 2019年2月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ