アイコン 韓国検察 現代・起亜自動車を家宅捜査 リコール隠し 国交部告発分

 

 

韓国の検察は、現代・起亜自動車がエンジンの欠陥を知りながら隠していたという疑惑を検察が調査するため、告発から2年たって本社などを家宅捜索した。

ソウル中央地検刑事5部は20日午前、ソウル市瑞草区良才洞の現代・起亜自動車の品質管理部所などを家宅捜索したと明らかにした。
検察は、家宅捜索について「国土交通部と市民団体が告発した現代・起亜自動車のリコール規定違反事件と関連して、疑惑の有無を判断するための資料確保が目的」と説明した。

検察の今回の家宅捜索は、現代・起亜自動車がシータ2エンジンの欠陥を知りながら、数年間これを隠してきたという疑惑に関連している。

2007年に発売されたシータ2エンジンは、2009年に改良型が出てきたが、エンジン内部から激しい騒音が出たり、走行中に停止する現象が起き、2017年には5車種17万台をリコールした。
当時、国土交通部は現代・起亜自動車の製作欠陥5件と関連して12車種23万8千台のリコール命令を下し、意図的欠陥隠蔽の可能性があるとし、検察に捜査を依頼していた。

スポンサード リンク

ソウルYMCA自動車安全センターも2017年にソウル中央地検に告発状を提出し、「両社は2010年から顧客クレーム、マスコミ報道を通じて当該車両の安全運行に支障を与える構造的欠陥の可能性を十分に認知していたにもかかわらず、何の対策もとらずに欠陥事実を積極的に否定した」とし、「欠陥を隠し販売を継続したことは詐欺」だと主張したことがある。

これに対して、現代・起亜自動車側は、シータ2エンジンの欠陥は、構造的問題ではなく、加工工程の問題で、現在は改善を完了した事案だと主張していた。
以上、

米国では2011~2014年製のシータ2エンジン搭載のYFソナタについて、騒音・エンスト問題から2015年9月に47万台をリコールした。
しかし、同社は、アラバマ州のエンジン工場での生産工程に不純物が混入した製造上の問題であり、韓国生産車には関係ないとして、韓国で同様な問題が生じていたにもかかわらず、リコールに応じていなかった。

<内部告発から始まった>
2016年秋に、現代自動車内部から「リコール隠し」30数項目が告発され、国土交通部が専門家に調査させた上で、2017年春、現代自動車にリコールを促したものの、現代自動車が、断ったことから、国土交通部が激怒、強制リコールさせる一方で、検察に告発していたもの。

<只今、米国では火災問題発生中・・・>
2018年10月には、米非営利消費者団体の自動車安全センターは4ヶ月間にほぼ1日1件ずつ現代・起亜自動車の車両の非衝突火災報告があったとし、車両290万台に対するリコールが必要だと促した。
車種は、
現代自動車「ソナタ」と「サンタフェ」
2011~2014年式起亜自動車「ソレント」と「オプティマ」
2010~2015年式起亜自動車「ソウル」。

すでに集団訴訟も発生しており、昨年11月には米上院で聴聞会が開催されてもいる。ただ、まだ、リコールの話は伝わってこない。
あと3ヶ月もすれば、再び、こうした車両が火災を発生させるおそれがある夏となる。昨年は焼死者もいたとされ、今年、またそうした焼死事件などあれば大問題に発展する可能性がある。

韓国では、全登録車数からして年間、日本の約10倍の車両火災が発生している。BMWの昨夏の車両火災の件で、日本でもリコールされたが、日本では火災は発生しておらず、韓国だけで40台あまりが燃え、社会問題になっていた。
そもそも車両火災が多い国だが・・・。
日本の10倍の火災原因は、エンジンなのか、プログラムなのか、エンジン付属品なのか、運転が荒すぎるのか、それとも・・・・、ほとんどがエンジン付近から出火している。

自動車会社は、先進国の自動車を解体して真似てばかり製造していたら、欠陥まで真似てしまうおそれが高い。

また、こうしたニュースは世界へ配信され、先進国で売れない原因ともなっている。売れているのは、ロシアなど中進国・後進国中心、近いうちに中国勢が安価に怒涛のように進出してくる国々でもある。

 
[ 2019年2月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ