アイコン 文在寅大統領の支持率45%、不支持率50% 文氏に限界を見てきた韓国民

 

 

韓国の世論調査会社、リアルメーターが14日に発表した文在寅大統領の支持率は45.0%で、前週から▲1.3ポイント下落した。
一方、不支持率は3.3ポイント上昇の50.1%だった。
同社の調査で支持率は3週連続で下落し、2017年5月の就任以降で最低となった。また、不支持率は初めて50%を上回った。

調査はTBSの依頼を受け、11~13日に全国の有権者1510人を対象に実施された。
リアルメーターは支持率下落について、2回目の米朝首脳会談が合意に至らず北朝鮮の非核化意思と政府の非核化政策に対する不信感が増したことや、新たに選出された保守系最大野党・自由韓国党執行部に対する保守層と中道層の一部の期待感上昇が影響したと分析している。

スポンサード リンク

 一方、政党支持率は、
左派政権与党の「共に民主党」が前週と同じ37.2%、
保守野党の自由韓国党が1.9ポイント上昇の32.3%。
両党の支持率の差は4.9ポイントと、文政権発足後で最も小さくなった。
政権発足直後は共に民主党の支持率が自由韓国党を40ポイント以上、上回っていた。
以上、聨合ニュース参照

金正恩委員長の主席報道官・文在寅大統領は、120%期待の米朝首脳会談は失敗、米国から北朝鮮緩和の勇み足をけん制され、国連からも批判され、米国務省からも批判され、身動きできなくなっている。経済失政は続き、反日だけでは持たなくなってきており、それどころか、反日政策が支持率低下を招くことになる。
支持率だけが頼りの文大統領、ロウソク民心の灯は一つずつ消えていっている。
韓国民がいくらしつっこくとも、反日一辺倒では、もうそろそろ飽き飽きしてくるころだろう。

元徴用工の次は何を出してくるのだろうか。

反日の秘策はあるのだろうか。
元徴用工たちが日本企業の資産を換金し、日本が制裁するのを期待し、それを利用して韓国民の感情を煽る算段でもしているのだろうか。
朴槿恵弾劾のようにまたロウソクを燃え盛からせるのだろうが、しかし、一番、文大統領の誕生に期待してロウソクデモに参加していた下層所得者層はロウソクさえ買えなくなってきている。

0315_05.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ