アイコン 韓国春川・地対空ミサイル天弓2 誤作動で発射 自爆機能で自爆 諸元・スペック

 

 

18日午前10時38分ごろ、江原道・春川の韓国空軍部隊で、整備中の中距離地対空ミサイル「天弓(KM-SAM)」が誤作動で発射され、空中で爆発した。
韓国空軍によると、10発中9発が命中したという「天弓」は、非正常発射の際には安全のため自ら爆発するよう設計されている。
韓国空軍は、現在まで人的・物的被害は確認されておらず、事故の原因究明を急いでいると発表した。
以上、こわっ
自爆機能が作動してよかった。誤作動で自爆機能が機能しなかった場合、どっかで打ち落とすしかないが、平壌でも向かっていたら、金正恩は怒るだろう。
  10発中9発の性能とされるが、目標物体は飛行機のスピードのものだったという。見かけだけでも抑止力にはなる。

スポンサード リンク
性能・諸元・スペック(「天弓2型」ミサイル)
全長
567.8cm
直径
41cm
翼幅
100cm
重量
1,135kg
弾頭重量
90kg(HE 着発/近接信管)
発射
固定式・移動式の4連装の発射管
最大速度
マッハ4.3
最大射程
200km以上
最大射高
25,000m(30,480mとの説もある)
最大旋回荷重
35G
誘導方式
中間誘導:慣性+指令誘導(修正)
終末誘導:アクティブ・レーダー誘導
 

0318_13.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年3月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ