アイコン 臨時政府「自由朝鮮」、金日成と金正日の肖像画破壊 プロパガンダの茶番か

 

 

北朝鮮の金正恩体制打倒を目指し、「臨時政府」の樹立を宣言した「自由朝鮮」はウェブサイト上で、何者かが故金日成主席や故金正日総書記の肖像画を床にたたきつける様子の映像を公開した。北朝鮮では金日成氏らは神格化されており、肖像画の破壊は処罰対象となり得る。

サイトによると、映像は20日に公開。ハングルと英語で、「祖国の地で」「金日成、金正日、金正恩の神格化を打倒する」などの字幕が付けられていた。
 映像の一部や人物にはモザイクがかけられ、撮影場所は不明。自由朝鮮は、スペイン・マドリードで2月に起きた北朝鮮大使館襲撃事件に関与したとされ、韓国メディアはこの大使館内で撮影された可能性を指摘した。

自由朝鮮は、2017年2月にマレーシアで殺害された金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の息子ハンソル氏の安全確保のために活動していた反体制組織が前身。
今月には在マレーシア北朝鮮大使館の塀に正恩体制批判の落書きが見つかり、自由朝鮮の関与が指摘されていた。
以上、時事通信

スポンサード リンク

スペイン大使館襲撃事件は、スペイン警察は米CIAの関与を発表していた。
「自由朝鮮」は韓国の脱北支援者グループが関与しているとの報道もなされているが、何も詳細は定かではない。
こうした映像は、ネットでカラーコピーし額縁に入れ、破壊するなど、洗脳された北朝鮮関係者以外ならば、誰でもどこでもでき、詳細がわからない限り、報道するほどのことではない。

中国で、朝鮮人数人で立ち上げた臨時政府を戦後、マッカーサーが利用して極悪人の李承晩らに韓国政権を樹立させ、戦中、日本の植民地だった韓国が、戦後、戦勝国だとアホみたいなことを主張し出し、九州を韓国に割譲せよと発していたが、実際の戦勝国からまったく相手にされなかった。

極悪人の李承晩は、済州島の虐殺事件、麗水・順天事件で住民を大量虐殺、韓国住民が何十万人も避難民として日本に密航してきた。結果、何十万人も九州から大阪あたりに住み着いた。
今の文在寅異常政権では、親日断罪、反日無罪を浸透させ続け、3.1ではさらに煽っており、手がつけられる状態ではない。日本に密航してきた住民たちの多くも今や日本の生活保護を受けている。文在寅は決して触れようともせず、そうした密航者たちに対して賠償することもしていない。

北朝鮮金王朝は主体思想で全国民を徹底して洗脳、昔から末端まで住民監視組織が構築されている。さらに見せしめの公開処刑は年から年中行われており、一筋縄ではいかない。世界最強の情報・諜報機関の米CIAですら、北朝鮮ではほとんど内部情報は取れていない。商業衛星とは異なり、高精細の軍事用原子力スパイ衛星などでの監視が主となっている。
兵糧攻めしかない。

スポンサード リンク
[ 2019年3月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ