アイコン 江蘇省塩城市の化学薬品工場爆発 44人死亡に拡大

 

 

地元当局は22日、江蘇省塩城市の化学工場で21日に起きた爆発事故で、44人の死亡が確認されたと発表した。

さらに32人が重体となっており、58人が重傷を負った。このほかにも多数のけが人が出たもよう。

地元当局は「詳しい事故原因は調査中だ」と説明。欧州訪問中の習近平国家主席は、救出に全力を挙げて取り組むよう指示した。

ネット上では爆発の様子や、負傷した従業員、衝撃でひしゃげた乗用車の動画などが投稿されている。当初は「死者が少な過ぎる」などの投稿も見られたが、現在は当局が報道統制しているもよう。

スポンサード リンク

工場は2007年の設立。地元企業が運営し、200人弱の従業員が、化学薬品のベンゼン(揮発系の発がん性物質含有)や農薬原料などを生産していた。安全管理で当局から過去何度も処罰されていたという。

工場から1キロ強離れた住宅地には幼稚園や小学校もあり、割れた窓ガラスでけがをするなどの被害があった。

0322_08.jpg

 
[ 2019年3月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ