アイコン NY7番街の超高層ビル屋上にヘリ衝突 操縦士死亡 無許可飛行

 

 

ニューヨーク中心部のマンハッタンで、10日午後1時半すぎ大手生命保険会社が所有する高さ約200メートル、50階を超す超高層ビルの屋上にヘリコプターが衝突した。
ヘリコプターには当時、パイロットが1人で乗っていたが、この事故でパイロットは死亡した。ビルの中にいた人は避難し、けが人はいないという。

現場近くで記者会見したニューヨーク市のデブラシオ市長は、「テロをうかがわせる証拠や現在進行形の脅威はない」と述べて、パイロットの操縦ミスによる事故だという見方を示した。

スポンサード リンク

また、市長とともに会見した警察や消防によると、死亡したパイロットは約3キロ離れたヘリポートを離陸してから11分後に現場のビルの屋上に衝突したという。
また、ヘリコプターは当時、航空当局から許可を得ずに飛行していて、警察でいきさつを調べている。

ニューヨークの消防当局が公開した現場の写真では、ヘリコプターは機体の元の形が分からないほど大破して黒く焦げた機体の一部が散乱している様子が確認できる。
また、別の写真では、高層ビルの屋上に設置された鉄製の通路がひしゃげ、手すりもねじ曲がるなど衝撃の大きさがうかがえる。
なお、トランプタワーはNY5番街にあり、離れている。

0611_01.jpg

 
[ 2019年6月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ