アイコン 不二越の韓国資産も差し押さえへ 工場とソウルオフィスあり

 

 

韓国のソウル高裁が、不二越に対して、元女子徴用工らへの賠償命令判決をめぐり、韓国の蔚山地裁が26日、同社の韓国内資産の差し押さえを認めた。
原告側の挺対協らが明らかにした。判決は確定していないが、仮執行手続きが可能な状態だった。

蔚山市には、世界最大の現代自動車の工場があり、貴族労組が取り仕切っている。3.1では挺対協らが元徴用工像を釜山市とともに設置している。日本の姉妹都市は熊本市と萩市、友好都市は新潟市。

日本統治下の労働動員をめぐり韓国の裁判所が、1965年協定を完全無視し、日本企業に相次ぎ賠償を命じている判決に関連し、日本企業の韓国内資産の差し押さえが明らかになるのは新日鉄住金、三菱重工業に次いで3社目。

地裁は原告のうち23人が申請した不二越と韓国企業が設立した合弁会社の株式の差し押さえを15日付で認めた。7億6500万ウォン(約7650万円)相当としている。現金化するには別途、売却命令申請をする必要がある。

スポンサード リンク

また、この支援団体は、韓国大法院(最高裁)が昨年10月30日、新日鉄住金に元徴用工への賠償を命じた判決に関し、原告3人が追加申請した同社の韓国内資産の差し押さえも14日付で認めた。
新日鉄住金が韓国の鉄鋼大手ポスコと合弁で設立したリサイクル会社PNRの株式で、原告側が差し押さえた株式の総額は約9億7千万ウォン(約9700万円)相当になったという。
以上、

協定や条約は紙切れだという治外法権国と付き合うのは限度がある。
司法もロウソク民心裁判を強行し、司法も必要ない無法国家なのか、反日国家なのかわけがわからない国である。大法院(最高裁)の元長官ですら積弊清算で逮捕する国であり、与党が大統領選で勝ち続けなければ、逆積弊清算でほとんどの現政権当事者たちが逮捕されることになるだろう。激しければ激しいほど、逆積弊清算も激しくなる。
感情丸出しの激し過ぎる隣国の政治家たちである。

<不二越>
韓国販売拠点
NACHI-FUJIKOSHI CORP.
KOREA REPRESENTATIVE OFFICE
8F, Chan & Chan Tower, 77-9, Samseong-dong, Gangnam-gu, Seoul,
06087, KOREA

韓国生産拠点(合弁工場):2004年
大成・NACHI油圧工業(株)
DAESUNG-NACHI HYDRAULICS CO., LTD.
289-22, Yusan-Dong, Yangsan-Si, GyeongNam 626-230, KOREA

治外法権国から工場を引き揚げさせることはできないのだろうか。
過去、自民党の大御所たちが統一教会と組み、治外法権国へ進出したのが間違いの元のようだ。所詮企業は守銭奴でもあるが・・・。

 

 
[ 2019年3月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ