アイコン SEOUL・CLUB BURNING SUNのVIP-ROOM DRUG & PROSTITUTION

 

 

クラブ「バーニング・サン(BURNING SUN)」は2018年初め、ソウル市江南区駅三洞にオープン。「BIGBANG」メンバーのV.I(28/イ・スンヒョン)が、クラブの共同代表の取締役であることが伝えられて一躍超有名店になった。
また、ソウル市江南区にあるもう一つのクラブ「アリーナ」も共同経営していた。

暴行事件発生、バーニング・サンに客として行ったキム氏(28)が昨年12月、インターネット上に「11月にバーニング・サンのセキュリティー要員から暴行を受けて警察に通報したが、警察が私に対して集団暴行した」という内容の書き込みを掲載して明らかになったもの。

このため、一部の番組が、キム氏の主張を根拠に、警察がバーニング・サンをかばったのではないかという疑惑を取りざたされた。
(当暴行事件は、別に、「バーニング・サン」の従業員が抑制剤(催眠剤・睡眠薬)を利用し、女性を強制的に連れ出そうとしたために起きたとされる報道もある)

また、バーニング・サン関係者の話として、「昨年7月にバーニング・サンに未成年者が出入りしていたことを警察は把握したものの、江南警察署の一部警察官は金銭を受け取ってこれをもみ消した」と報道した。

スポンサード リンク

捜査主体の江南警察署が捜査対象になったため、警察側は「ソウル警察庁広域捜査隊」を投入した。
バーニング・サンを家宅捜索し、元職員や現職員の金融関連記録を確保した。この過程で、バーニング・サンのイ共同代表(46)が警察出身のカン氏(44)らを通じて警察官2人に230万ウォン(約23万円)を渡した容疑で立件された。
この警察官2人は「金を受け取ったことはない」と否定している。

警察は、バーニング・サン関係者らの麻薬使用疑惑も捜査。すでにV.Iと共同代表であるイ代表、営業スタッフ、常連客約10人が麻薬類管理法違反容疑を立件した。
バーニング・サンと兄弟クラブのアリーナの従業員2人も麻薬を使用した容疑で立件した。V.Iも検査を受け、結果、陰性だったという。

今年2月初めには「バーニング・サン動画」という動画が、ネットを通じて広がった。バーニング・サンのVIPルームで一人の男性が女性を相手に性行為のような行動をする動画。ネット上には、「女性はムルポン(GHB)に酔っているかのように反抗できずにいる」という主張が出ている。
GHBとは、飲料水で薄めると無色無臭で、飲むと記憶を失う麻薬物質。警察は3月7日、違法映像を撮影・流布した疑いでバーニング・サンの従業員Aを拘束した。
Apparently the use of drugs isn’t uncommon at Burning Sun. Another employee admitted to seeing customers use drugs about 2~3 times a month. One timfoaming in the mouth and collapsed.e, a man fed a woman a spiked drink. She soon started

V.Iは2015年に一緒に事業を準備していた投資会社ユリ・ホールディングスのユ代表らとやり取りしたものとみられるカカオトークの会話:
V.Iが誰かに「A氏(外国人投資家)が望む通りにすべてやって、アリーナのメイン3、4(テーブル)予約して。台湾からお客さんが来たみたい」などと指示していたことが公開され、海外投資者らに対して性接待をしたという疑惑が浮上して物議を醸し、警察は3月10日、V.Iを売春あっせん容疑で立件、出国禁止措置を取った。

V.Iは11日、「あまりにも社会的に大きく物議を醸した」として芸能界引退を宣言した。V.Iは3月25日に入隊する。
以上、韓国紙参照

ここの常連客でV.Iらとカカオトークの仲間の歌手チョン・ジュニョン(30)が違法に撮影した性関係映像を知人の間に流布させたとして、警察から任意出頭を求められ、チョンは米国からすぐ帰国するという。

韓国のSBSテレビは「取材陣が入手した資料は2015年末から約10ヶ月分」としながら「この期間にチョンの違法撮影と流布で被害を受けた女性は確認しただけで10人になる」と伝えた。
また「チョンが参加したグループチャットルームには他の芸能人や芸能人ではない一般人の知人が撮影した違法H映像もシェアされていた」とし、「彼らがシェアした映像まで全て合わせると被害女性はもっと増える」と付け加えて報じている。

GHBは、元々中枢神経系の抑制効果を持つ麻酔薬として開発された医薬品。
日本では悪用され、現在、麻薬に指定されている。多くの国でも違法ドラッグとして規制されている。
発声障害などにも効果があるとされ、商品名:Xyremとして医薬品として医療機関に販売されている。また、過眠症のナルコレプシーや不眠症、うつ病の治療効果を持つとされている。
そのほか、睡眠作用・性欲増強作用も持つとされ、性犯罪への悪用が目立ち、海外製媚薬にも含有されていたという。過量投与で痙攣や意識障害が起きるという。
ほとんど性ドラッグの類のようだ。

Gangnam Club Burning Sun & VIP Room
VIP Roomはなぜか浴室まであるという。
クラブ兼ソープランドのようなBurning Sun

0313_05.jpg

 
[ 2019年3月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ