アイコン デニー玉城知事 政府に辺野古埋め立て停止求める

 

 

アメリカ軍普天間基地の負担軽減策を話し合う政府と沖縄県、それに地元・宜野湾市による会議が開かれ、玉城知事は、名護市辺野古沖で進められている埋め立て工事を停止したうえで、普天間基地の危険性除去などに向けた協議を行うよう求めたことがわかった。

以上報道より参照

総理大臣官邸で開かれた会議には、政府側から菅官房長官、河野外務大臣、岩屋防衛大臣らが、沖縄側からは玉城知事と、アメリカ軍普天間基地がある宜野湾市の松川市長が出席。

玉城知事によれば、政府側は普天間基地の負担軽減策などをめぐり、引き続き作業部会で協議していく考えを示したという。

 

スポンサード リンク
 


知事「埋め立て停止し協議を」

04月10日 10時44分

アメリカ軍普天間基地の負担軽減策を話し合う政府と沖縄県、それに地元・宜野湾市による会議が開かれ、玉城知事は、名護市辺野古沖で進められている埋め立て工事を停止したうえで、普天間基地の危険性除去などに向けた協議を行うよう求めました。

スポンサード リンク
 

[ 2019年4月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ