アイコン インドネシア 86.5%の国民が韓国へ旅行したい 日本はどんだけ 28%

 

 

韓国観光公社が観光目的地として、韓国の競争力などを調査・分析した「2018韓国観光ブランド・マーケティング・コミュニケーション効果調査」(ニールセンコリアに依頼)の結果、アンケートに答えた20ヶ国の外国人59.5%が韓国観光を希望し、特にインドネシア(ネシア)の回答者10人中9人は韓国を魅力的な観光地だと考えて訪問を希望していることが明らかになったと報じている。

韓国はネシアへは早くから、ネシアの金の球を握り、兵器を売り続けている。ポスコはネシアに鉄鉱石輸出を停止させ、溶鉱炉を造り鋼材化して輸出している。韓国が開発中の次世代戦闘機KFXもネシアとの共同開発品。韓国からは潜水艦も輸出している。
文在寅氏は大統領就任直後の2017年5月、米共和党上院の重鎮マケイン議員(故人/当時上院軍事委員長)の訪韓予定打診を無視、ネシアのメガワティ元首相(中国派の中心人物/ジョコ大統領の政権与党党首)を最優先させ会っていた。

スポンサード リンク

ネシアでは、日本のODAによりジャカルタ初の地下鉄が開業したが、施工したゼネコンに対してネシア側は請求を放置、一部を支払わず、現状、ゼネコンは多くの赤字工事となっている。

あまりに過激なブラックピンクの肌蹴たネシアでのコンサートに、イスラム団体が怒り、ブラックピンクを放映禁止としている。

ベトナムへは、日本がバブル時代後期に中国からベトナムへも進出、工場団地など造成開始、それに便乗する形で韓国政府は、韓国アニメと韓流ドラマも引っ下げ、企業を進出させ、現在、韓国最大の企業進出国となっている。今ではベトナム戦争で韓国軍が参戦(各地で大虐殺)していたことすらまったく知らないベトナムの若者がほとんどでとなっている。
東南アジア諸国は、今やK-POPP+韓流ドラマ+売春小屋により完全に韓国化している。洗脳するに文化と性に勝るものなし。それを反映したものになっている。

日本で昔、放送された「おしん」が東南アジアで今でも中年層などに高い人気を誇っているほど、「TVドラマの放送」の洗脳力は限りなく高く、相手国に不正をもたらす、政治家が大好きな「ODA」よりはるかに相手国国民に訴える力は高い。

(インドネシア地下鉄が開通して、反日のジョコ政権関係者やジャカルタ市民たちに日本がどれほど感謝されているというのだろうか・・・悲しい)
東南アジアはよほど親日でない限り、ODAを韓国に任せた方が賢明、特に東南アジアの左派政権は中国に近く、政権交代により日本はいつも辛酸を舐めされ続けている。インドネシア新幹線のように・・・(当初の開業予定は2019年4月であった)。

日本が低いのは、韓国の人が日本と親しくすれば、「親日」だと韓国民に断罪される風潮を創り上げ続けている文政権下にあり当然だろう。

文政権になり反日授業時間を倍増させ、小中高生を「反日洗脳」強化、「反日人間の再生産」の強化策を取っている。
一昨年・昨年と、日本が植民地時代に各地に植えた桜を切り倒そうとの話も出ていたが今年はなぜかなかった。しかし、その民族的な感情の激しさ・洗脳された戦前への感情直行移入ゆえにいずれ「戦犯桜」として切り倒し、済州桜に植え替えてしまうことだろう。ほっときっ。

アンケート調査は、その質問の仕方・内容により誘導することができ、また、大小に関係なく調査会社も発注先の意向に沿った報告書を提出する。調査会社の名が発表内容について信用を与える。
お客様は神様。・・・元調査会社に在籍していた記者。
0412_23.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年4月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ