アイコン 首脳会談は夫婦同伴の異常さ 米主導で文氏に緩和自由に喋らせず 米韓首脳会談

 

 

韓国の文在寅大統領は11日正午、ホワイトハウスのオーバルオフィス(大統領執務室)において、米国のドナルド・トランプ大統領と夫婦同伴で、公式な対面の礼を兼ねた単独首脳会談を開いた。
会談の直前、トランプ大統領はメラニア夫人と共にホワイトハウスの玄関まで出てきて文大統領と金正淑夫人を迎えた。
両夫妻は握手を交わした後、写真撮影を行った。
続いて、トランプ大統領は、文大統領を一度軽く手で促して中へ入ろうと言い、両国の令夫人は腕を組んでホワイトハウス内へ入った。
韓国大統領府(青瓦台)によると、両首脳が夫婦同伴で対面の礼を兼ねた単独首脳会談を行ったのは米国側の提案だったという。

元々、予定ではポンポオ長官(1回目)と、その後ボルトン長官(2回目)とサシで会談する予定だった。

スポンサード リンク

1回目の会談(トランプ大統領抜き)
 これに先立ち文大統領は、午前9時から50分間、ブレア・ハウス(迎賓館)でマイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した。ところが、この席には、ハリー・ハリス駐韓米国大使、スティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表、マシュー・ポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長、アリソン・フッカーNSC朝鮮部長という、安全保障分野のブレーン4人も同席していた。6人と一度に接見だった。
青瓦台は当初、文大統領はポンペオ長官とボルトン補佐官の2人と会い、(緩和案含む)非核化案を話し合う予定と発表していた。
 韓国政府からは、康京和外相、鄭義溶国家安保室長だけでなく趙潤済駐米大使、金鉉宗国家安保室第2次長、チェ・ジョンゴン平和企画秘書官なども陪席した。

外交消息筋は、「韓国政府の仲裁案を調整したいという意図だったが、土壇場になって出席者が増えたことにより、緊密な対話が容易でなくなった面もある」と語った。この日の接見はメディアに非公開で進められた。

文大統領は、米朝主脳間のトップダウン方式の対話(首脳会談)を行ってこそ成果を確保できるとしたが、米国側はこれに直接答えないまま「対話の努力を傾けたい」と応じたという。

2回目の会談(トランプ大統領抜き)
その後、文大統領は10時26分から11時20分まで、マイク・ペンス副大統領と接見した。このときも、米国側からは5人のブレーンが同席した。

<夫婦同伴の首脳会談>
単独会談は12時18分に会談が始まったが、記者団とトランプ大統領の問答が27分間ほどあり、同席者がいない単独会談は事実上2分間ほどだった。それも両首脳の夫人が同席していたようだ。

<陪席人置いた小規模首脳会談>(トランプ大統領参加)
引き続き、陪席者3人を置いた米韓間の小規模首脳会談が行われた。
韓国側からは鄭義溶・国家安保室長、康京和外相、趙潤済室長が、米国側からはボルトン大統領補佐官、ポンペオ国務長官、ハリス大使が出席した。

<昼食会>(トランプ大統領参加)
その後、昼食会を兼ねた拡大首脳会談が1時間行われた。
だが、共同記者会見や共同メディア発表はなかった。

関係者は、「制裁の枠を維持した上で、包括的非核化ロードマップに合意し、それを段階的に実行に移すことが最善という韓国政府の考えを米国に伝えた」と明らかにした。
北朝鮮が寧辺核施設の廃棄に加え、大量破壊兵器の凍結など非核化に向けたプラスの措置、いわゆる「寧辺プラスアルファ」に向けて動けば、米国が段階的に見返りを与えるとする「グッド・イナフ・ディール(十分に良好な取引)」を文大統領が提示したようだと韓国氏は報道している。
しかし、そうした発言のスキを曲者ぞろいの米側が与えたかは不明。

トランプ大統領は米朝対話再開の必要性には同意したという。しかし制裁の緩和についてどのような考えを示したかはまったく確認されていない。
以上、

今から約50年前の1972年2月、ニクソン米大統領が訪中し、周恩来首相に対して、「南であれ北であれコリアンは衝動的な人々だ。重要なのは、我々がこの衝動的で好戦的な人々が事件を起こし、我々の国(米中)を困窮に陥らせないよう影響力を発揮することだ」と話したと記録されているという。・・・日本にとって、50年後も変わらないようだ。

また、国旗が無礼だ、非礼だと騒ぐ韓国メディア。
文大統領が米空港に到着した際の儀仗兵が持つ韓国旗の青色が水色になっている。韓国大統領府も怒っているそうだ。
(次回は間違わないように米側係官に伝えるだけでよいはずだが・・・、それとも米儀仗隊に対して韓国旗を100枚送ればよいことだろう)
韓国メディアのヒステリックな非礼・無礼攻撃は、日本ばかりではなく、中国も攻撃されている。日本では、韓国の要人が日本へ訪問した際、安倍首相の椅子が大きかった。椅子の柄が異なった。椅子が並列ではなかったとか、うるさすぎる。韓国の大問題がそんなレベルなら来るなと言いたい。

0413_04.jpg

 
[ 2019年4月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ