アイコン 5Gスマホの「高速大容量通信」20倍のはずが実際は2倍 基地局未整備

 

 

<5Gの謳い文句>
「LTEでは20秒以上かかる2.5GBの大容量ファイルを、たった1秒で送れます」(LGU+)
「大容量の映画を0.8秒で、観たいときに観たい映画をお楽しみください」(KT)

<実際は・・・>
韓国では5世代(5G)移動通信の商用化から1ヶ月を迎えた5月3日、LGU+とKTは「5G移動通信サービス」を自社のホームページで上記のように宣伝している。

両社は5GがLTEより「20倍速い」と強調している。この速度は換算すると、20Gbps(秒当たり2.5GBの伝送が可能)となる。
KTとLGU+が掲げる速度20Gbpsを出すためには、28ギガヘルツ帯域基地局が設置されなければならない。

現在、通信社らが使っている基地局は3.5ギガヘルツ帯域基地局だけ。
結局、20Gbpsは「5Gの標準技術の理論上の最高速度」であるにすぎない。
これから28ギガヘルツ帯域基地局が設置されるまでに数年はかかるだろうと予想される。それも人口密集地域を中心に設置される予定。

スポンサード リンク

5Gネットワークの現在の速度は、最も速い場合でもLTEの2倍にとどまる。
モバイル通信会社が宣伝する5Gの速度は、実際の速度より10倍以上水増しされたもの。
SKテレコム(SKT)は現在5Gの速度が2.7Gbpsとホームページに公開している。もちろん、これも「LTEと5Gを結合して出せる最高速度」。LGU+とKTの5Gの速度はどれほどだろうか。
LGU+は最大2.1Gbps(5G+LTE)、KTは最高速度2.4Gbps(5G+LTE)、1.5Gbpsとなっている。
以上、

5Gの魅力は、最大で20Gbps(ギガ・ビット毎秒)もの通信速度を実現する「高速大容量通信」、ただ、最大の注釈が付く、理論上はそうだろうが、基地局の装置が5Gの可能スピードを1/10に落としている。まだ、通信インフラが5Gのスピードに対応する周波数帯域の整備がなされていない。
中国の一部の都市で今年から実証実験的に行われている程度。5G通信機器を(安価な)ファーウェイ製にするなと米国が西側諸国に通告している。これはセキュリテイ問題より、通信技術において、米国より先進させてはならないという米国のエゴにも関係している。内容により単純比較できないが、5Gに関する特許件数の半分はファーウェイが有している。
以上、


KTがエリクソンと5Gで提携したのは3月11日のこと、これから5Gのスピードに対応した周波数帯域へ改修され、順次本格的なサービスが提供され、そのエリアも順次、拡大される。

そうしたことを前提としてか、Appleは5Gスマホの販売を急がないとしている。

0505_01.jpg
 

 
[ 2019年5月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ