アイコン シイラ釣り客 釣り上げたら時価1億円相当のコカインだった

 

 

米サウスカロライナ州沿岸(東海岸・フロリダ州の北の州)で釣りをしていたグループが、時価1億円相当のコカインを発見する出来事があった。
一行は2日午後、同州チャールストンから約100キロ南東の沖合いで釣りをしていたところ、黒いプラスチックに包まれた容器が海上に浮かんでいるのを発見した。警察によると、容器の中には、約30~50キロ分のコカインが入っていた。
米沿岸警備隊は、時価75万~100万ドル(約8100万~1億円)と推定しているという。

「チャールストン沖では、滅多にない出来事」と沿岸警備隊の担当者は言う。「どちらかといえば、カリブ海(キューバから南の海域)や南太平洋など南の方でよくある」

釣りの一行は、ゴミの山の近くでマヒマヒ(シイラ)の群れが飛び跳ねているのを見たといい、「通過するたびに魚が採れた」と振り返る。

スポンサード リンク

3時間ほどして、ゴミの中身を調べてみようということになり、船上に引き上げた。中身を見た一行は、沿岸警備隊に通報し、連絡を受けた警察が港で待機、沿岸警備隊や麻薬取締局と連携して捜査している。

チャールストン地区を管轄する麻薬取締局のアトランタ支部は、コカインと思われる物質について、個人や組織との関係も含めて調べていることを明らかにした。
以上、CNN

以前、海上で受け渡しするのが、警備が厳しく難しくなり、ヤク入り物体にGPSを付け海上に漂流させ、相手がGPSの発信機をもとに回収する方法がとられた。当時は漂流させるためGPSの故障などで行方不明になることも多かったという。
今やメキシコから米国へドローンで運ばれているという。・・・国境線全域に妨害電波を発信するなどしなければいくら高い壁を造っても、ヤクに関しては対策が取れない。

 

 
[ 2019年6月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ