アイコン 中東波高し タンカー2隻襲撃され1隻炎上 米国務長官イランを批判

 

 

アメリカ海軍第5艦隊は13日、オマーン湾(インド洋⇒オマーン湾⇒ホルムズ海峡⇒ペルシャ湾)を航行中の2隻のタンカーから「何者かの攻撃を受けて損傷した」という通報があったと明らかにした。アメリカ海軍は艦艇を派遣して救助活動にあたっている。
中東を管轄するアメリカ海軍第5艦隊によると、現地時間の13日午前6時12分と午前7時にオマーン湾を航行中の2隻のタンカーからそれぞれ「何者かの攻撃を受けて損傷した」という通報があったという。

2隻はマーシャル船籍の「フロント・アルタイル」とパナマ船籍の「コクカ・カレイジャス」で、アメリカ海軍の艦艇が救助活動にあたっているという。

このうちメタノールを運んでいたケミカルタンカー「コクカ・カレイジャス」の運航に関わるシンガポールの「バーナード・シュルツ・シップマネジメント社」によると、「コクカ・カレイジャス」は右舷側に損傷を受けたものの沈没の危険性はなく、フィリピン人の乗組員21人は全員、救命艇で退避しこのうち1人が軽いけがをしたという。
「コクカ・カレイジャス」の船舶所有会社は国華産業(株)(東京都千代田区内幸町一丁目1番7号、代表:堅田豊/主要株主:三菱ガス化学)
「コクカ・カレイジャス」は現在、UAE=アラブ首長国連邦のフジャイラから130キロ、イラン沿岸から26キロの海域にとどまっているという。

スポンサード リンク

一方、「フロント・アルタイル」の運航に関わるノルウェーの「インターナショナル・タンカー・マネージメント社」によると、「フロント・アルタイル」はホルムズ海峡の南の海域を航行中、船体の中央近くで爆発が起き、火災が起きたという。船体は現在も燃え続けているということだが、広報担当者は爆発の詳しい原因はわからないとしている。積荷はナフサ(粗製ガソリン)だった。
乗り組んでいたロシア人やフィリピン人など23人にはけがはなく全員、救助されたという。

<タンカーの概要>
世界各国の船舶の位置情報を公開しているウェブサイト「マリン・トラフィック」によると、「フロント・アルタイル」はマーシャル諸島船籍で、長さ251メートル、総トン数6万3千トンのタンカーで、今月11日にUAE=アラブ首長国連邦を出発し、今月30日に台湾南部の高雄に到着する予定だったという。ノルウェーの会社が所有するタンカー。

また「コクカ・カレイジャス」は、パマナ船籍で、長さが170メートル、総トン数1万9千トンで、今月10日にサウジアラビアを出発しカタールへ寄り、今月22日にシンガポールに到着する予定だった。

現場の海域に近いUAEの沖合では先月、サウジアラビアなどのタンカー4隻が攻撃を受けて船体が損傷する事件が起きていて、サウジアラビアなどはイランの関与を主張していた。

<専門家 地域の緊張高めようとしたか>
イラン情勢に詳しい慶應義塾大学の田中浩一郎教授は13日夜、NHKとのインタビューで、「今回の攻撃は極度の緊張、さらには軍事衝突の発生を意図している。衝突を大々的に発生させる口火となることを期待している攻撃だ」と述べ、軍事的緊張を高めるための計画的な事件との見方を示した。

そのうえで、事件の意図として、地域の安定を脅かすイランによるものだとレッテルを貼ることをねらい、アメリカとの間の緊張を高めようとしている可能性があると指摘した。

また、田中教授は、攻撃を仕掛けた勢力として、「イラン国内で緊張緩和の動きを歓迎しない反米勢力」や「イランと敵対するイスラエル」や「サウジアラビア」などの関与のほか、混乱に乗じてみずからの勢力範囲を拡大したい「過激派グループ」などの可能性があると指摘した。(ただ、攻撃に魚雷が使用された可能性が示唆されており、陸上型の過激はグループの可能性は低いと見られる)

イランの革命防衛隊が仕掛けた可能性は、ハメネイ最高聖職者の傘下にあり、安倍首相と対談後でもあり、その可能性は低いと見られる。しかし、否定はできない。

イランでは反政府勢力が最近テロ活動を活発化させているが、正体不明であり、また背後にどこの国が支援しているかもわからず、その勢力すら不明のままとなっている。

<空母派遣発表から急に慌しくなったペルシャ湾>
米国がイランを経済封鎖してから、米国から、やたらイラン軍が米軍を攻撃するとの脅威発言が相次いでいた。

それも不思議なことに、米軍が空母を派遣すると発表してから、前回の攻撃事件が発生している。それまでホルムズ海峡付近では何事もなかった。前回も今回も魚雷攻撃だ。
(アメリカ合衆国はイランの嘘の大量破壊兵器所有情報を拡散させ、イラクを殲滅させた前歴がある)

5月6日、米軍、中東へ空母派遣と表明
5月12日、サウジの小型タンカーなど4隻がホルムズ海峡付近で襲撃される。
ノルウェーの会社が保有する船舶も襲撃され、ノルウェー政府はイランを批判していた。
5月14日、サウジのパイプラインがドローンにより攻撃される、被害小。
(パイプラインはペルシャ湾岸から紅海側港湾へのパイプラインでかなり内陸部に敷設されている、攻撃用長距離ドローンは、米中露イスラエルなどの軍事大国以外ほとんどの国は保有していない。それもよほど低空で飛ばせない限り、張り巡らされているサウジの迎撃ミサイルシステムにより迎撃される)
5月22日、米軍が中東に1万人増派の軍からのリーク報道、
トランプ大統領、決定するのは私だと暗に否定。

米ボルトンらが主導した米軍は、1万人以上を中東に追加派遣するとリークし報道させた。ところが、トランプ大統領が決定するのは私だと否定する発言を行っていた。

ボルトンら米強硬派がすでに一人歩きしており、そのようになるように、米軍やCIAなどが、関係する武装勢力や傭兵部隊に兵器を渡し攻撃させている可能性もある。目的のためには何でもありの人たちだ(可能性を否定できない)。

サウジのムハンマド皇太子は何をやらかすかわからない人物、敵対するイランを米軍が攻撃してくれたら大喜び、そう仕向ける可能性はいくらでもある。
サウジは南隣接地のイエメンで、イランが支援するフーシー派を空爆し続けているが、ラチがあかなく、フーシー派からロケットによる報復攻撃も受けている。
サウジは自身が脅威となるフーシー派を殲滅するには、イランを殲滅させるしかないとしている。サウジ連合軍はフーシー派が陣取る港湾都市を攻略したが、あくまで地域の点でしかない。都市住民が危機に瀕し、国連が介入、港湾都市から双方撤退するよう和解させた。フーシー派は撤退したものの、サウジ側はなかなか撤退しなかった。ムハンマド皇太子の狂気は尋常ではない。

イスラエルも、シリアではイラン軍の駐屯地をイスラエル空軍機が攻撃しまくっており、イランを葬りたい第一人者といえる。過去、イスラエルはイランの核開発基地を空爆したこともある。
相手を地上から殲滅したい=そのために戦争したい戦争させたい国の首班は何でもありの世界の人たちだ。

<ポンピオ米国務長官はイランが攻撃と>
米国務長官のマイク・ポンピオは13日、イランがオマーン湾で火災を起こした2隻の石油タンカーを攻撃していると非難した。

<AFP通信は>
米国国家安全保障会議の職員は、ワシントンがオマーン湾の2隻の船に対する攻撃の背後関係の調査を進めており、情報を提供しているとUAEのal-HurraTVに対して述べている。

AP通信によれば、ホルムズ海峡付近での攻撃で損傷を受けた2隻の船のうちの1隻がUAEから石油製品を輸送しているのに対し、もう1隻はサウジアラビアとカタールからの貨物を輸送していた。

Reviantivデータベースからの情報によると、最初の船であるFront Alterは、アブダビ国営石油会社の出荷地であるUAEのRuwaisdを出港し、船は石油、可燃性炭化水素物質を運んでいた。

もう一船は、Cococca Corigiosは、カタールのMasaidとサウジアラビアのJubailから出港、メタノールを運んでいた。メタノールは多くの製品で使用されている化合物。

アントニオ・グーテリヒ国連事務総長はこの攻撃を強く非難しているが、国連安全保障理事会は木曜日遅くに、米国の要請に応じて、湾内の状況を討議する会議を開催する予定。

EU対外関係委員のフェデリカ・ムゲリーニ氏は、「最大限の抑制」を求め、この地域での「挑発」を避けるよう求めた。 「この地域は新たな不安定化や不安定化の理由を必要としていないため、EU上級代表は最大限の抑制を求め、挑発を避けたいと繰り返し表明している」と述べた。

イギリス政府は、その一部として、民間船への攻撃は受け入れられないと述べた。
イラン外相Mohammad Javad Zarifは、石油タンカーへの2回の攻撃と日本の首相の訪問が一致していたと述べた。

日本:タンカーは日本に関係する積荷を運航
商務省は、ホルムズ海峡付近で攻撃された2隻の船会社が「日本に関連する」貨物を運んでいると述べた。
これは木曜日に、安倍首相がテヘランとワシントンの間の緊張を和らげることを使命とするイランへの公式訪問を締めくくったときに発生した。

台湾:中東で襲撃されたタンカー
国営台湾国営石油会社CBCのある高官は、中東から燃料を持ってくるために同社が雇ったタンカーが木曜日早く攻撃されたと発表した。
同社の石油化学部門の責任者、Wu I-fangは、台湾時間の正午ごろに「魚雷」のように見えたとし、タンカーのFront-Altairが75,000トンのナフサを運んでいたと語った。
彼はすべての乗組員の救助を発表した。
「Recentive Akon」の出荷データによると、「Front Altair」はアラブ首長国連邦のRuwaisから積み込まれた後、イラン沖のオマーン湾で最後に見られた。

シンガポール:タンカーが湾で被害を受けた
シンガポールを本拠とするコカ・コーラのBSM Ship Managementのスポークスマンは、木曜日にオマーン湾での攻撃されタンカーが損傷を受けたと述べた。
事故の後に残った21人の船員を含む乗組員は、その右側を損傷したとスポークスマンは述べた。
彼は、近くの船Costal Esが船長と乗組員をすぐに救命ボートから引き上げたと付け加えた。
スポークスマンは、タンカーがまだその地域にいて、溺死の危険にさらされていないこと、そして運ばれるメタノールの出火に直面していないことを指摘した。
船はフジャイラのアラブ首長国連邦港から約70海里、イランから約14海里の位置。

原油高
事件は原油価格の上昇を引き起こし、ブレント原油先物は1バレル当たり61.97ドルと2ドル、3.3%上昇した。
ウェストテキサス(WTI)中級原油先物は、1.41ドル(2.7%)上昇して1バレル52.55ドルとなった。

救助活動
公式のFars通信社は、Hormuzgan州の救援救助センターが2隻の救助活動に参加したと報じた。
イラン海軍は44人の乗組員を救助し、彼らをGaskの港に連れて行った、とそれは言った。
以上、NHK等参照

イラン国軍が動いたのではなく、強硬派のイラン革命防衛隊が動いている可能性がある。
ソマリア沖のインド洋に海賊対策で派遣されている世界中の警備の軍艦の一部を、1回目の襲撃でどうしてこうした海域に迂回派遣しないのだろうか。海賊は大幅に減っており、回せるはずだが・・・。

0614_02.jpg

 
[ 2019年6月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ