アイコン トランプ大統領 大統領選を勝利に導く対イラン戦争か 米軍12万人中東派遣へ

 

 

アメリカ合衆国の国民は、大統領が戦争を仕掛ければ、アメリカ№1を叫び一致団結する習性を持つ。そのため、米大統領は選挙前になると戦争を仕掛けるケースも過去見られ、大統領選を勝利に導いている。ただ、カーターのような作戦失敗事例もある。

トランプ大統領は来年大統領選挙を控え、現在、支持率が46%と過去最高を示しているものの、米経済好調ながら、米中貿易戦争しだいでは米消費者を物価高が直撃し、トランプ離れを引き起こす危険性もはらんでいる。

また、昨年11月の中間選挙では、選挙前より与党の共和党(=トランプ党)は大幅に議員数を落とし、下院では選挙前は235議席を▲36議席落とし199議席となり、現在では民主党が主導権を持ち、トランプ独裁政権にとっては邪魔な存在で足枷にもなっている。
(昨秋の中間選挙の上院は1/3が改選、民主が24人、共和が11人当選して、民主党が圧勝したが、各党の改選数から、結果、現在の勢力図は、共和53、民主47となっている)。

そうしたことからも、来年秋の大統領再選の選挙では圧倒的に勝利し、下院の過半数奪回、上院の上乗せをする必要がある。

来る大統領選挙では、現状、民主党にはスター候補がまったく見当たらず、圧倒的なトランプ大統領のパフォーマンスに対抗できる政策も打ち出しできず、候補者もどんぐりの背比べ状態。

スポンサード リンク
 
<20年議会選挙>
大統領選挙では、同時に共和党が劣勢になっている下院議員の選挙と、上院の1/3の改選が行われる。
 
20年選挙では、上院では33人が改選されるが、18年選挙とは逆に共和党の改選議員数が多く21人、民主党は12人となっている。
現在の勢力図は、共和党が53人と過半数より3人多いものの、共和党が過半数を維持するには21人中3人しか落選させることはできず、一方、民主党が逆転するには改選の12人に加え新たに4人以上の計16人以上を当選させる必要がある。
 
<選挙の風はトランプに靡いている>
18年中間選挙では、選挙の票に大きく影響する女性問題や人種差別的なトランプの言動が左右したが、そうした問題は、今やクローズアップされておらず、経済好調下、対貿易赤字制裁、対中制裁、対北朝鮮核完全廃絶交渉、対イラン制裁と米国民が歓喜する政策をクローズアップさせてきたトランプ大統領にとって、圧倒的に有利な状況を演出することに成功させている。
 
<イランに対応し12万人の米軍中東派遣へ>
 ニューヨークタイムス紙は5月16日、米高官の話として、米トランプ政権が緊迫化させているイラン情勢に関連し、シャナハン米国防長官代行が、イランが米軍部隊を攻撃したり、核兵器開発を加速させた場合に備え、最大12万人の米軍兵士を中東へ派遣する軍事計画案を先週示していたことがわかったと報じた。
すでに原子力空母リンカーンをはじめとする打撃艦隊(駆逐艦や補給艦など10隻あまり)を中東に派遣し、カタールの米軍基地にB52も派遣した。
米国防省は10日、地対空誘導迎撃ミサイルのパトリオット部隊と、輸送揚陸艦アーリントン(25000トン/満載トン)を中東に派遣すると発表した。
(すでにうんこくさい、いや、きなくさい状態)
 
それに呼応して、米同盟国のサウジアラビアは5月13日、UAEのフジャイラ沖合のペルシャ湾で12日、同国のタンカー2隻を含む4隻が、何者かに攻撃され、タンカーに大きな損傷を受けたと発表した。
 
自爆宗教とアメリカNO1の戦いとなるのだろうか。
戦争大好きやねん・・・戦争は宗教でもヤクザでも国でも権力行使の極たるもの。
問答無用 トランプ之介

 

戦後の戦争とアメリカ大統領
戦後の戦争内乱内戦(主要)
米大統領名
1945年~1989年 - 冷戦
1945.4~1953.1
1948年~1973年 - 中東戦争 イスラエル・アラブ戦争
トルーマン
1948年 - 第一次中東戦争
 
1956年 - 第二次中東戦争
1953.1~1961.1
1967年 - 第三次中東戦争
アイゼンハワー
1973年 - 第四次中東戦争
 
1948年~(継続) - パレスチナ紛争
 
1950年~1953年(休戦) - 朝鮮戦争
 
1954年~1962年 - アルジェリア戦争
 
1955年~1972年 - 第一次スーダン内戦
 
1956年 - ハンガリー動乱
 
1959年~1962年 - 中印国境紛争
 
1959年~1975年 - ラオス内戦
 
1960年~1996年 - グアテマラ内戦
 
1960年~1975年 - ベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)
 
1961年 - キューバ危機
1961.1~1963.11
1962年~1969年 - 北イエメン内戦
ケネディ
1962年~1963年 - ベネズエラの反乱
196.11~1969.1
1964年~(継続) - コロンビア紛争
ジョンソン
1965年 - ドミニカ共和国内戦
 
1968年 - プラハの春(チェコ事件、ソ連のチェコ介入)
 
1969年 - 中ソ国境紛争
1969.1~1974.8
1969年~1998年 - 北アイルランド紛争
ニクソン
1971年~1992年 - カンボジア内戦
 
1971年~(継続) - カシミール紛争
1974.8~1977.1、フォード
1975年~1990年 - レバノン内戦
1977.1~1981.1
1979年 - 中越戦争
カーター
1979年~1989年 - ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻
 
1979年~1990年 - ニカラグア内戦
 
1980年-イラン・テヘラン米大使館救出作戦・失敗
 
1980年~1992年 - エルサルバドル内戦
 
1980年~1988年 - イラン・イラク戦争
1981.1~1989.1
1983年~2004年 - 第二次スーダン内戦
レーガン
1983年 - グレナダ侵攻
 
1989年 - パナマ侵攻
1989.1~1993.1
冷戦終了
ブッシュ
1990年~1991年 - 湾岸戦争
 
1991年~2001年 - シエラレオネ紛争
 
1991年~2000年 - ユーゴスラビア紛争
1993.1~2001.1
1994年 - イエメン内戦
クリントン
2000年~(継続) - インドネシア紛争
 
2001年~(継続)アフガニスタン米侵攻(対テロ戦争)
2001・1~2009.1
2003年~2011年 - イラク戦争
ブシッシュJ
2011年 - (継続) リビア内戦・ガタフィ政権殲滅
2009.1~2017.1
2011年~(継続) - シリア内戦
オバマ
2014年 - ISISによるイラク内戦
 
2014年〜(継続) - ウクライナ・クーデターと東部紛争
 
2015年〜(継続) - 2015年イエメン内戦
2017.1~
2018年~ 経済冷戦
トランプ
 
主にアフリカの分については除外。
0517_03.jpg
 
 
 
 
 
 
 

 
[ 2019年5月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ