アイコン 台湾TSMC 米国に半導体受託生産工場1.3兆円投資へ

トランプ米大統領、新コロナによる感染拡大と大量の死亡者数に不満を鬱積させ、中国との国交断絶まで口走っている今日この頃。

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は15日、米アリゾナ州に最先端の半導体工場を建設すると発表した。
2021年に着工し、2024年に量産を開始する。総投資額は120億ドル(約1兆3千億円)になる見通し。
半導体製造技術はハイテク分野を巡る米中覇権争いのカギを握るとされ、今後はIT(情報技術)機器などのサプライチェーン(供給網)にも影響する。
新工場の生産能力はウエハー換算で月2万枚。工場建設にかかる投資額は2021~29年までに約120億ドルに達する見込み。
TSMCは声明で「米国の半導体生態系にとって最重要の戦略的意義を持つ」としている。
半導体の性能向上のカギとなる回路線幅の微細化を、5ナノ(ナノは10億分の1)メートルまで狭めた製品を生産する。

スポンサーリンク
 

TSMCの最先端工場はすべて台湾にあり、5ナノ品は今年後半から本格出荷が予定されている。
TSMCは新工場が雇用を生み出すとも強調した。1600人の高度人材に加え、関連のサプライチェーンも含めればさらに1000人が上積みされるという。
11月に大統領選を控えるトランプ大統領を意識したとみられる。
TSMCは電子機器の頭脳となる半導体の受託生産で世界シェアの約5割を占め、特に最先端分野に強い。
米アップルのスマートフォン「iPhone」のCPU(中央演算処理装置)もTSMCが全量生産する。
米側はこれまでもTSMCに米本土生産を要請していた。
TSMCの劉徳音董事長は4月、米国での最先端工場の建設について「積極的に検討している」と話していた。
米半導体大手、インテルも米国内での供給体制を拡充する方針を示している。
以上、

メモリ系のDRAMとNANDを主力とする韓国勢(サムスン電子とSKハイニックス)は、2016年~2018年9月までの価格急騰により業績を一変させてきたが、米中貿易戦争の激化や供給過多により価格が暴落。サムスン電子は工場拡大をはかってきたため、工場が空き、価格変動が少ないTSMCのシステム半導体受託生産のEMS事業(ファンドリー事業)を急拡大させている。
ただ、米国の工場を持たない半導体会社のファプレスメーカーは、最先端のシステム半導体の発注はしていない。メモリ系は価格変動が大きいため、サムスン電子は2030年にはシステム半導体で世界一になると宣言しており、ノウハウを盗まれる可能性が非常に高いため、普及品が主力。システム半導体専業以外からの受注を拡大させている。ただ、搭載するメーカーが新コロナにより新製品市場投入が大幅に遅れており、その影響を受けている。

サムスン電子は中国に傾注、また家電やスマホの生産主力地80万人を雇用しているベトナムとなっている。また、過去の不正により司法を手にしている文政権の言いなりになるしか術はなく、国内での巨額投資を約束させられている。中国からも金の玉を握られている。
ただ、TSMCが表明しているとおり、採用数はほとんど生産を自動化しているため、ライン設計部門が中心であり、投資額に対して少ない。韓国の報道機関がサムスンの最新の半導体工場投資に対して何万人もの雇用効果があると見るのは単なる期待値だろう。価格暴落と新コロナによりそれも音沙汰なしとなっている。

0515_05.jpg

↓半導体受託生産会社=ファンドリー事業会社のランキング
システム半導体の受託生産をサムスン電子が急拡大させている。
サムスン電子の事業は、スマホ、半導体、家電、二次電池、医薬品受託生産・・・

0515_06.jpg

[ 2020年5月15日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧