アイコン 韓国系米人 祖父の暴行事件 内容捏造しSNS投稿か

 

 

米国に住む韓国系の高齢者が黒人に暴行されるという事件がSNS(会員制交流サイト)で広まり、現地警察が捜査に着手した。

米カリフォルニア州リアルト警察は10日、報道資料で「この事件を高齢者虐待の重犯罪として捜査中」と発表した。

警察は「今回の事件が、人種的な動機によるものという情報がSNSなどインターネットで出回っているが、警察は容疑者の動機を確定できていない状況」と明らかにした。

その上で「今後の調査結果を基に、人種的動機による犯罪なのか確認する」と述べた。

被害者の孫は9日、ツイッターに、自分の祖父について「リアルト地域のバスで、韓国人という理由で、『チャイナ・ウイルス』(コロナウイルス)を望まないと言われて殴られた」と書き込んだ。

被害者の孫は波紋が拡大するとツイッターの投稿を削除した。

警察は、当初伝えられていることとは異なり事件がバス車内で起きたわけではなく、人種差別的発言もなかったと説明した。

警察は「被害者にあらためて調査を実施した結果、容疑者が何も言わなかったという事実を確認することができた」と述べた。

以上、

 

警察の被害者調査の結果が事実ならば、孫は虚偽の投稿をSNSにしていたことになる。

今回の暴動では米国各地にあるコリアンタウンも衝撃・略奪されており、膨大な被害を受けている。現地の韓人会は自警団を組織し、再度被害を受けないように防御している。


 

[ 2020年6月12日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産