アイコン 最新鋭イージス艦「はぐろ」母港の佐世保に初入港


海上自衛隊佐世保港に5日、最新のイージス艦「はぐろ」(艦長・倉光啓介1等海佐)が初入港した。
弾道ミサイル防衛(BMD)能力を備えた海自のイージス艦としては8隻目、佐世保を母港とするイージス艦は4隻となる。所属隊は第4護衛隊群第8護衛隊。

はぐろは、最新のイージス艦「まや」型の2番艦で基準排水量8200トン、全長170メートル、最大幅21メートル。建造費は1730億円。

スポンサーリンク

相手が発射したミサイルや航空機の精密な位置情報を、ほかの艦艇や航空機と情報共有でき、米軍とも情報共有できる「共同交戦能力(CEC)システム」を初めて搭載している。
弾道ミサイルを迎撃する最新の艦対空迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」も搭載可能だ。

北朝鮮のミサイル開発の進展を念頭に2013年に建造が閣議決定された「防衛計画の大綱」で掲げた増強目標に基づいており、今年3月19日に就役した。
「まや」艦も3月19日に横須賀基地に就役している。両艦ともジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で建造された。

海上自衛隊佐世保基地や米海軍第7艦隊佐世保基地は、朝鮮半島から日本海、南西諸島から東シナ海を睨む最重要軍事拠点となっている。


0407_06.jpg

 

[ 2021年4月 7日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧