アイコン 航空自衛隊の次期戦闘機エンジン、重工大手IHIと英ロールス・ロイスが共同開発へ


報道によれば・・・

政府は、航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機のエンジンについて、重工大手IHIと英ロールス・ロイスの共同開発とする方向で調整に入った。
レーダーに探知されにくいステルス性能などは米ロッキード・マーチンの支援が決まっており、日米英の技術力を結集させたい考えだ。

次期戦闘機は、F2の退役が始まる2030年代半ばからの導入を目指している。
三菱重工業が開発主体として機体の設計やシステム開発を行い、最新鋭のステルス戦闘機F35の開発実績があるロッキードから技術支援を受けている。

機体の心臓部に当たるエンジンは、海上自衛隊のP1哨戒機などのエンジン開発を行ってきたIHIが担当する。
ただ、コスト削減や性能向上に向けた国際協力態勢の構築が課題になっていた。

ロールス・ロイスのエンジンは、海自のP3C哨戒機などに採用されており、日本政府内で評価が高い。

以上、報道より参照

 

 

スポンサーリンク
 
 

ネットの反応では・・・

「武器輸出三原則があるから日本単独は無理」

「ゼロ戦の技術が途絶えた日本・・・哀れ」

「ドローンのデカイの作った方が良くない?」

「モノづくり日本は何処へ」

「ドローンは電波妨害すれば終わりじゃないの?」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年7月20日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧