アイコン 多目的フリーゲート艦「のしろ」進水 長崎造船所


三菱重工業長崎造船所で22日、海上自衛隊の新型護衛艦「FFM」の命名・進水式が開かれ、「のしろ」と名付けられた。もがみ型の3番艦。従来の護衛艦よりも船体をコンパクトにして省人化を図り、機雷除去能力も備える。就役は2022年の予定。

当艦では乗員約90人のうち、約10人を女性自衛官にする予定。レーダーで捉えられにくくするため、ステルス艦になっており、外観の凹凸を大幅に減らしている。

0623_03.jpg

スポンサーリンク

スクロール→

海上自衛隊 FFM「のしろ」艦概要

建造所

三菱重工業長崎造船所

運用者

 海上自衛隊

艦種

多機能護衛艦(FFM

級名

もがみ型護衛艦

建造費

460470億円

兄弟艦

21年3月進水「もがみ」・20年11月進水「くまの」に続く3番艦

艦歴

発注

2019

起工

2020715

進水

2021622

就役

20223月予定

スペック

基準排水量

3,900 t

満載排水量

5,500 t

全長

132.5 m

最大幅

16.3 m

深さ

9 m

機関

CODAG方式

主機

ロールス・ロイス MT30 ガスタービンエンジン × 1

MAN12V28/33D STC ディーゼルエンジン × 2

推進器

スクリュープロペラ × 2

最大速力

30ノット

乗員

90100

兵装

62口径5インチ単装砲 × 1

Sea RAM × 1

RWS × 2

17式艦対艦誘導弾 (SSM-2) 4連装発射筒 × 2

Mk.41 VLS (07 SUMほか) × 16セル(後日装備)

HOS-303 3連装短魚雷発射管 × 2

搭載機

SH-60K 哨戒ヘリコプター × 1

C4ISTAR

リンク 22 戦術データ・リンク

レーダー

多機能レーダーOPY-2

ソナー

OQS-11 対機雷戦用ソナーシステム

OQR-25 水上艦用ソナーシステム(VDS+TASS)

電子戦・

NOLQ-3E 電波探知妨害装置

対抗手段

Mk.137 デコイ発射機 × 4

その他

無人機雷排除システム(USV+UUV(OZZ-5)+EMD

簡易型機雷敷設装置

[ 2021年6月23日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧