アイコン 都議会議員「政府の水際対策はまた失敗しました」 インドの二重変異株感染者が都内で確認

 
 

おじま紘平都議会議員が「インドの二重変異株「B1617」感染者が都内でも初めて確認されました。」とツイッターに投稿した。

「スクリーニング検査ではN501Yしか検出できず、国立感染症研究所で行われたゲノム解析で判明したもの。海外渡航歴がなく感染経路も不明ということで、すでに市中に拡がっている可能性もあります。」と警鐘を鳴らし、「政府の水際対策はまた失敗しました。」と結んでいる。

 

ネットの反応では・・・

「実は水際対策やってない説」

「もともと都内のコロナがそうだったとかないの?」

「鎖国してないんだしゼロは無理だろう」

「なんか選挙が勝ったから野党調子のってない?あれは与党が負けて当然のやつだろ。野党が負ける方が難しい」

「中国とか韓国には入ってないの?あんまり聞かないけど。情報統制されてそうだけど」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年4月26日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧