アイコン トルコ製AI搭載殺人ドローン リビア内戦でGNA軍使用 空中から追っかけまわす


国連が発表した報告書によれば、リビアの国民統一政府(GNA)軍が反政府組織「リビア国民軍(LNA)」との戦いに投入したトルコ製のドローン「Kargu-2」がオペレーターの関与なしに、ドーロンが自律的にLNAの兵士を攻撃したと指摘しており、多くの海外メディアが「ドローンが独自の判断で初めて人間を攻撃した」と大々的に報じて注目を集めている。

GNAが使用したドローンはトルコのSTM社が開発した「Kargu-2」、非対象戦闘を目的に設計された攻撃用ドローンで、リアルタイムの画像処理機能には顔認識システムが組み込まれているため特定の人物を攻撃することが可能だと言われており、オペレーターの関与を必要とする手動モードとAIによる自律モードに対応、しかもKargu-2は、一人で最大20機のドローン群を制御可能で、完全自律モードでも作動する、
超低空まで防空システムの整備がなされていない限り、同機の突入を阻止するのは難しく、複数の目標に対する同時攻撃する。

これまでは、無人機やドローンを使用した攻撃では、オペレーターの関与が必要で、対象物の破壊を対象としていたが、GNAが使用したドローンはLNAの兵士を自律的に攻撃したため「こういった兵器の使用を禁止する国際的な取り組みは完全に手遅れだ」と海外メディアは言及している。

スポンサーリンク

すでにKargu-2は、トルコ軍が500機以上導入済みでアゼルバイジャン軍も同機を導入してナゴルノ・カラバフ紛争で使用したといわれており、国際武器取引規則(ITAR)の影響を受ける米国製部品を一切使用していないKargu-2の輸出は、完全にフリーで面倒な手続きを嫌う複数の国が関心を寄せているという。

<攻撃用ドローンに対する防御銃>
イスラエルは、こうしたドローンでの攻撃を想定し、SmartShooter社製の照準器「SMASH 2000」ライフルスコープをAK-47/103ライフルに搭載して配備している。
「SMASH 2000」は、ドローンなど移動する空中・地上ターゲットに対して、動きを自動分析して捕捉する高度なCounter-UASモードを持っており、照準器が射撃制御を行い、確実に当たる時のみ射撃を許可するもので、射手は引き金を引いたままの状態で照準を定め、当たると判断した照準のときのみ弾丸が自動で発射されるというもの。

防空システムであらゆる高度をカバーするのは不可能、特に移動が伴う最前線の上空はドローンが入り込み、「SMASH2000」などで兵士は自ら守らなければドローンの餌食になる。

また、「SMASH 2000」ライフルスコープ搭載の軽機関銃を防空システムに大量に取り入れ、レーダーで検知される物体をすべて撃ち落とす時代に入るかもしれない。
また、通信を遮断してもAI搭載では対応ではず、電磁波攻撃でAI機能を破壊するしかない。

インド軍は、紛争地帯で中国軍によるドローン攻撃に備え、イスラエルSmartShooter社製「SMASH 2000」ライフルスコープの導入を検討している。

半導体は10ナノ以下の超精密時代に入っており、AI化すれば超小型の超精密兵器はいくらでも製造でき、今や巨漢空母など脅しのためのものでしかなくなっている。
技術は進化し続け、自ら自滅させるかもしれない。

電力取得の超小型化が進めば、その辺の国が、超高性能爆弾や極悪ウイルスをドローン1万機・10万機に搭載し、世界中に向け一斉攻撃できる日も目の前に来ているともいえようか。

米軍は銃弾に敵人検知能力を持たせ、相手が動いても百発百中の銃弾開発にも当たっている。

<2020年のナゴルノ・カラバフ紛争
旧ソ連、コーカサス地方のアゼルバイジャン(イスラム教)とアルメニア(キリスト教)の係争地でアルメニアが実効支配していたアルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ共和国/アルメニア語/周囲をアゼルバイジャンに囲まれている)を巡る軍事衝突。

1ヶ月半の戦闘と数回にわたる停戦合意を経て、アゼルバイジャンが勝利した。
アルツァフ共和国は領土の大部分をアゼルバイジャンに返還し、実効支配地域は旧ナゴルノ・カラバフ自治州の領域のみとなったが、帰属の決定については将来に棚上げされた。

この紛争でアゼルバイジャン軍が戦闘に大量のトルコSTM社製「Kargu-2」ドローンを導入し、敵陣地や敵軍・敵参謀を攻撃、アルメニア軍は手も足も出なかったとされている。
アルメニアはロシア圏から離れ西側に接近しようとしていた現政権、アゼルバイジャンは攻撃してもロシアはアルメニアに加担しないと見て侵攻させ、トルコ製ドローンで大勝利したもの。

↓トルコSTM社開発のAI搭載攻撃用ドローン「Kargu-2」
0624_08.jpg

 

↓ドローン1000機で夜空に浮かび上がらせた映像(中国・深セン)
0624_09.jpg

 

[ 2021年6月24日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧