アイコン 北朝鮮 弾道ミサイル2発・発射 日本EEZ外に落下か また始まったミサイルごっこ


防衛省は、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと午後1時前に発表した。

日本の領域には飛来せず、EEZ=排他的経済水域内にも落下しないものと推定されるとしている。

防衛省は、昨今の北朝鮮による弾道ミサイル等のたび重なる発射は日本を含む国際社会全体にとっての深刻な課題であり、国民の生命・財産を守り抜くため、引き続き情報の収集・分析および警戒監視に全力をあげるとしている。

 

<韓国では>

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が15日午後、中部の内陸から日本海に向けて弾道ミサイルと見られる2発を発射したと発表した。

飛しょう体の種類や飛行距離などについて、米軍とともに詳しい分析を進めている。

北朝鮮は今年3月、巡航ミサイルと推定される2発を発射したのに続いて、4日後には東部の咸鏡南道咸州付近から日本海に向けて2発の短距離弾道ミサイルを発射、今月11日と12日には、新たに開発した8の字飛行の長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと北朝鮮が13日発表していた(まったく検証されていない)。

以上、

スポンサーリンク

防衛省は全力挙げてからどうすんのだろう。

韓国軍は昨年、射程800キロ、弾頭2トン、「大気圏外まで上昇しマッハ10以上で落下」、「威力はTNT換算1kt程度」、「地下300mのバンカーも破壊できる」の玄武4の発射実験に成功したとしている(まったく検証されていない)。

また、派生型のSLBM型の玄武4-4を10基搭載した新潜水艦も進水させている(検証されていない)。

空母やら、原子力潜水艦やら、4.5世代新戦闘機やら韓国の軍拡はどこに向けたものか知らぬが、とどまるところを知らない。

それでいて1日も早く北朝鮮と合体したい文在寅大統領でもある。どう見てもやることなすこと北朝鮮とほとんど変わらない。

日本は危なっかしい人たちもおり、計画が進んでいる敵陣攻撃用ミサイルの発射では、戦争突入であり、米国の核ミサイルのように戦略軍総司令官(日本の場合不明)のほかに首相と副首相が「フットボールカバン」を別々に持つ必要があるだろう。3個の合意ボタンで発射できるシステムが必要か。


 

[ 2021年9月15日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧