アイコン アップル 業績低迷の言い訳け 中華圏予想以上の経済低迷

 

 

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)による投資家向け書簡の要旨は以下の通り。

2019年第1四半期(10~12月期)の業績予想を下方修正した(年決算月は9月)。

アップルは第1・四半期の売上高見通しを840億ドルとし、従来の890億~930億ドルから引き下げた。修正後の見通しはリフィニティブI/B/E/Sのアナリスト予想915億ドルも下回った。売上高総利益率は約38%、営業費用は87億ドル。

60日ほど前に10~12月期の業績予想を話したとき、10~12月期はマクロ経済とアップル固有の要因の両方の影響を受けることが分かっていた。

試算に基づき、前年同期比で僅かな増収になるだろうと予想した。(業績予想のベースとなった)4つの要素について説明する。

スポンサード リンク

第1、
iPhoneの発売時期が異なるため、前年比での影響を受けることがわかっていた。今年の最上位モデルである「XS」と「XS Max」は2018年7~9月に出荷が始まった。
一方、昨年の「X]は10~12月期に出荷が始まった。比較は難しくなった。
第2、
ドル高が為替の逆風を生み出すことを認識しており、これが当社の収益の成長を前年比で約200ベーシスポイント引き下げた。
第3、
10~12月期に前例のない数の新製品が出ることがわかっており、一部製品の供給制約が生じると予測していた。「アップルウオッチ」や「iPad Pro」など。
第4、
一部の新興市場では景気の低迷が予想されていた。
この点について、我々が予想していたよりもはるかに大きな影響があることがわかった。
さらに、これらとその他の要因によって、iPhoneの買い替えが予想よりも少なくなった。
最後に述べた2つの点から、当社は業績予想を下方修正した。この2つについてもう少し詳しく説明。

<新興国市場の課題>
主要新興市場では、いくつかの課題を予想していたが、特に中華圏での景気減速の大きさを予測することができなかった。事実、当社の予想に対する未達の大部分、そして当社の前年比で収入減の100%以上は、iPhoneとMac、そしてiPadを通じて中華圏で発生した。
中国の経済は、2018年後半に減速し始めた。政府報告によると、9月期の国内総生産(GDP)成長率は過去25年間で2番目に低くなった。

当社は、中国の経済環境は、米国との貿易戦争による緊張の高まりによってさらなる影響を受けると考えている。不確実性の高まりが金融市場を圧迫するなか、その影響は消費者にも及ぶように見え、中国の小売店への流通量は四半期が進むにつれて減少した。
市場データは、中華圏のスマホ市場の縮小が特に激しかったことを示している。

これらの課題にもかかわらず、当社は中国での事業には明るい未来があると考えている。中国の「iOS」開発者のコミュニティは、世界で最も革新的、創造的、そして活気に満ちている。
当社の製品は、非常に高いレベルのエンゲージメントと満足度で、顧客の間で強い支持を得ている。アップルは中国市場に参加できることを誇りに思う。

<iPhone>
とくに中華圏で、iPhoneの売り上げが予想を下回ったことが、売り上げ見通しの引き下げ、また前年同期比での売り上げ減の要因。

実際にiPhone以外のカテゴリー(サービス、Mac、iPadなど)を合わせた売上高は前年同期比で約19%伸びている。iPhoneの売上高の減少の大部分は中華圏とその他の新興市場が占めたが、一部の先進国市場での買い替え需要も予想したほど強くはなかった。ドル高を反映した価格の上昇や、電池交換価格の大幅な引き下げも(消費者が新機種に買い替えを控えることに)影響した。

<多くの前向きな結果>
業績予想を修正するのは残念だが、多くの分野で強さも見せている。
稼働台数は過去12ヶ月間で1億台以上増えた。サービス事業は10~12月期に108億ドル以上の売り上げとなり、すべての地域で過去最高となっている。アップルウオッチなどウエアラブル端末の売り上げは、前年同期比で約50%増加した。

また米国、カナダ、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、韓国などでは過去最高の売り上げを記録する見込み。

<この先を見据えて>
収益性とキャッシュフローの創出力は堅調で、10~12月期は1300億ドルのネットキャッシュとなる見込み。
私たちはこれまで同様に、ビジネスの根本的な強さに自信を持っている。マクロ経済の状況を変えることはできなかったが、店舗でのiPhoneの交換など、結果を改善するための取り組みを加速している。
以上、日経参照

中国では昨年からブランド品の販売が低迷してきており、iPhoneもよくこれまで持ったといえよう。今では機能的には中国勢4社とほぼ変わらず、価格だけは4割~倍高いiPhoneは、単に金持ちの買い替えと新成金の買い換え需要に支えられていたものと見られる。価格差はブランド価値だけである。
経済低迷では、当然、我に返り、機能がほぼ同じの製品を購入するのは自然な成り行きだろう。

今年の第4・四半期の販売低迷は、米中貿易戦争における中国経済の低迷もあろうが、米製品の不買も関係しているものと見られる。

米国の中国制裁は2018年7月360億ドル25%制裁、8月140億ドル25%制裁、9月2000億ドル10%制裁。

米系自動車の中国販売台数の2割減は、今年5月から始まっており、市場全体も7月からマイナスに9月からは11月まで2桁マイナスとなっている。米系自動車は不買にさらされているのは明らかである。

一方で、欧米のブランド品も売れておらず、化粧品さえ伸びが低迷している。
米中が和解してもiPhoneの販売が回復するかは、気分的な買い控えではなく、原因があるだけに不明。
また、遅れてのX投入では、iPhone人気を長期化させようとしただろうが、広告効果が遅れると共に希薄となり、結果売れなかった。

2018年は、中国のスマホ市場はマイナスが予想されている(世界市場もマイナスが予想されている)。
2019年も増加するとは思われない。
それは和解しても新たな制裁は控えるだろうが、トルコの制裁に見られるようにトランプは簡単には制裁した分を解除しないことにある。

米中の貿易不均衡の最大要因は、米国企業が中国で直接・間接に製造していることにある。まだ追加制裁されていない最後の2650億ドルのほとんどはそうした米企業製。中国としても付加価値が僅かしかない組立代の工賃仕事であり、その利益も台湾の鴻海が持っていっている次第だ。

iPhoneは今年も低迷し、高機能化は韓国勢も得意で、中国勢はそれを瞬時に真似ることから、高価なiPhone離れが加速する可能性もある。
中国で高額な外車がよく売れるのは成金になった証・ステータスであり、そうした人種だけでは新たな増加は、経済低迷で撃沈している成金も多く見込めない。IT製品の世界最大の産地である深セン市の求人数も昨年からは半減、不動産価格(新築住宅価格指数)も昨年より下がっている。

iphonex

スポンサード リンク
[ 2019年1月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ