アイコン 十八銀行臨時株主総会 福岡銀行グループとの統合承認 親和銀行と合併へ

 

 

長崎県最大の銀行の十八銀行は18日、市内本店で臨時株主総会を開催、4月に予定しているふくおかフィナンシャルグループ(FG)との経営統合について承認した。

十八銀行は、統合後の2020年10月にふくおかFG傘下で同県2位の佐世保市にある親和銀行と合併する。

以上、

すったもんだしたが官邸主導で公取委を押し切った。

スポンサード リンク

ただ、日本では人口減少が未来永劫続くことが確定しており、こうした法律に基づく政策的な金融機関の統廃合においては、独占禁止法も改定時期に来ているのかもしれない。

これまでの国の政策により世の中には信金より小さな銀行がいくらである。

スポンサード リンク
[ 2019年1月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ