アイコン スバル労災認定 今度はパワハラ過酷長時間労働うつ自殺

 

 

群馬県太田労働基準監督署がSUBARU(スバル)群馬製作所(群馬県太田市)の46歳の男性社員が2016年12月に自殺した事件で、昨年8月、パワハラ・過酷長時間労働労災と認定していたことが判明したと報道されている。

上司からの叱責や月100時間を超える長時間労働でうつ病を発症したのが原因としている。

遺族の弁護士が24日、東京都内で記者会見して明らかにした。

弁護士によると、男性は当時、公害防止企画の主任。2016年から、昇進試験の準備や日常業務について、上司の課長から繰り返し指導などを受けるようになった。上司の机の前で数十分間、叱責されたこともあった。1ヶ月の残業時間が105時間に上った時期もあったという。

以上、

スポンサード リンク

スバルは全部膿を出し切ったのだろうか。まずは役員・幹部の膿を出し切るのが先決だろうが。

自殺した人も代表も同じ「人」であるが、経営陣はそれが犯罪だとの認識がないところに、日本人の根本的な問題を抱えている。こうしたことをなくすには代表者責任で厳罰に処す法律を制定するしかないようだ。こうした経営者はゴロゴロいる。

スポンサード リンク
[ 2019年1月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ