アイコン 韓国50~60代は東南アジアへ行け発言の金補佐官辞任 文大統領のすごさ

 

 

韓国の現実を物語っている金顕哲経済補佐官の発言、「今の50~60代は、韓国国内では(仕事がなく)やることがないからといって、山に行ったり、SNSで変なことばかり書いたりしないで、ASEAN(東南アジア諸国連合)やインドに行ってほしい」と発言していた。

高年層労働世代に対する雇用問題が浮き彫りにした形だが、現実、文政権の雇用対策は、大量の公金を使い、まず青年層の公務員増、それでも悪化する雇用に対して、短期就労の公共労働者創出と非生産部門へ大量の資金を投入し、雇用の底上げを図ってきた。しかし、所詮、経済波及効果による新たな雇用創出はなく、雇用低迷が続いている。

スポンサード リンク

 

PM2.5により先が見えない韓国に、明るい話題を提供しているのは、日本人観光客の激増だろうか。

 

スポンサード リンク
[ 2019年1月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ