アイコン 韓国人男 タイで日本人3人監禁・1000万円強奪・捜査

 

 

タイ警察は、入国管理法違反の疑いで逮捕した韓国人の男について、昨年9月以降、日本人の男女3人を監禁したうえで、約1000万円を奪った疑いでも捜査していることを明らかにした。

タイ警察は31日会見を開き、韓国人のファン・ゴニル(黄健一)容疑者(27)を入国管理法違反の疑いで逮捕したと発表した。
警察は、この際、ファン容疑者がほかにも、日本人の男女3人をバンコクのアパートに監禁して暴行を加えたうえ、現金合わせて約1000万円を奪った疑いがあり、捜査していることを明らかにした。

警察によると、3人のうち山口県の24歳の女性が、昨年9月に出会い系サイトで最初にファン容疑者と知り合い、暴行、監禁されたあと、「金を出さないと家族を殺す」などと脅し、女性の弟(21)をタイに呼び寄せるよう指示され、その後、タイに来た弟が、今度は弟の知人の男性(21/北海道)を呼び出すよう指示され、3人はいずれも暴行、監禁されて、金を脅し取られたとみられるという。
被害者の男性は「(黄容疑者に)マフィアとかタイ警察にも知り合いいるから、出国停止もできるし、どこにも逃げられないからと言われ、本当に怖くて逃げたくても逃げられない状態だった」述べている。

黄容疑者は調べに対し「何もやっていない」と話しているという。

スポンサード リンク

事件は、3人のうち1人の親族が繰り返し金を送るよう連絡が来るとバンコクの日本大使館に相談して分かったという。
タイの警察は、事件の詳しいいきさつなどを調べている。

0201_08.jpg

以上、報道参照
この韓国人は鬼畜、100年の刑が求められよう。

 

<別のタイでの事件2つ>
1月21日、タイ東部ラヨン県で、韓国人男性(34)のバラバラ死体がみつかった事件で、タイ警察は殺人などの容疑で指名手配した韓国人の男(31)を24日夜、タイ東部ジャンタブリ県のカンボジア国境で逮捕した。カンボジアへ逃亡しようとしていたと見られている。
調べによると、殺された韓国人と、逮捕された韓国人、その共犯とみられるプログラマーの韓国人の男(32/自首)の3人は、ラヨン県ラヨン市のタウンハウスに滞在し、違法なサッカー賭博サイトを運営していたという。

↓バラバラ殺人事件で逮捕された韓国人の殺人犯

0201_09.jpg

1月26日、タイの空港の入場口でブザーが鳴った韓国人女性が、係員の女性を殴る事件が発生した。係員女性は韓国女性から許可を取り、ハンドスキャンで改めて韓国女性をスキャンしていたところ、韓国女性がいきなり係員女性を平手打ちした。韓国女性は10万バーツの罰金を科せられている。
バンコクPOST電子版の映像の閲覧者はすでに36万回を超えている。

 

スポンサード リンク
[ 2019年2月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ