アイコン 目や耳があてにならないなら貴方はどうしますか?

 

 

かつて、新聞(マスコミ)は人々を目覚めさせ、教えを導く存在として「社会の木鐸(ぼくたく)」と呼ばれていた時代があった。

それは新聞(マスコミ)人も自ら自任していたし、社会もそれを認めていた。

しかし、昨今は朝日をはじめとする新聞(マスコミ)は今、社会の信用を全く遺失し、新聞人にその矜持の欠片も見られない。

昨年のモリカケ報道にみられるように、一定の主義主張、特定勢力の機関紙に成り下がり、印象操作や国民の感情を煽(あお)るだけの存在になっている。

あれだけ新聞(マスコミ)野党が全精力を掛けて偏向報道したにも関わらず、朝日新聞の購買数は激減し、野党の支持率は全部合わせても10%にも及ばないという事実が如何に新聞(マスコミ)が日本の国民に信用されていなかを見事に証明している。

そんな中、未だに新聞(マスコミ)の偏向報道に誤誘導されているのが、沖縄社会である。

スポンサード リンク


0222_01.jpg

きょうは、フェイスブックから間裏 アキヒコさんの投稿を紹介します。

間裏 アキヒコ
https://www.facebook.com/jyomaura

【 目や耳があてにならないなら貴方はどうしますか? 】

ジャーナリズムは国民の目であり耳である。

その定義に文句はありません。

目や耳はとても大切です。

目でみて耳で聞いたことで、脳みそである国民が判断をするのですから。

ところが目や耳が暴走したらどうですか?

目が勝手に見たいものを選んで、見たくないものは見なかったら?

耳が勝手に聞きたいことを選んで、聞きたくないものを聞こえなくしたら?

当然のことながら、脳みそである国民は、正しい判断ができなくなります。

目も耳もあてにならないわけですからね。

船でいえばレーダーが勝手に、あるものは探知するけど、あるものは探知しない。

そんなレーダーは不良品ですよ。

危なくて船を航行できませんわ。

単に不正確なだけならまだましです。

単なる不良品ならまだましです。

ある意図にそって情報が歪められている。

ある意図にそって見えないもの、聞こえないものが存在する。

それは不良品ですらない。

有害なハッキングチップですよ。

敵性のものに遠隔操作されていますよ。

そんなものを欲しがる国民などいません。

まともに作動する目や耳が欲しい。

脳みそである国民がそう望むのが当たり前です。

ところがこの頃のマスゴミはなんと「我々は国民の代表である」とか言うそうです。

呆れたことに単なる目玉や耳が、「我々は脳みそである」と主張しているみたい。

これは脳みその乗っ取り宣言ですよ。

国民の代表とは選挙で選ばれた議員のことです。

マスゴミ?君らは企業に選ばれたただの社員だろ?

国民がいつ君らに代表権を渡したのかね?

どこまで調子に乗ったら気が済むのか?

どこまで驕り高ぶれば気が済むのか?

ことここに至れば、私たちはもう、「報道しない自由」なんて揶揄している場合ではない。

国民の地位を乗っ取ろうとするマスゴミに、より実効的な対策をするべき時期にきています。

きっと不買運動だけでは不十分ですよ。

スポンサード リンク
[ 2019年2月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ