アイコン 日系米製薬ベンチャーがマラリアの新型ワクチン臨床研究認可 赤畑渉博士の略歴

 

 

日本の研究者赤畑渉CEOが率いる米製薬新興企業VLPTherapeuticsが、今年5月から、年間2億人が患うマラリアに対する新型ワクチンの臨床研究を、米FDAが認可し米国内で始める。

ワクチンは、別の病原体の空っぽのウイルスの表面に、マラリア原虫のたんぱく質を付ける独自の手法で開発した。世界で感染者数が年間2億人を超えるマラリアの予防法の確立を目指す。

マラリアは熱帯・亜熱帯地域で流行が続く。複数のワクチンの開発が行われているが、本格的な実用化に至ったワクチンはない。

臨床研究を行うのは、米東部メリーランド州にある「VLPセラピューティクス」で、米国立衛生研究所(NIH)元上席研究員の赤畑渉(あかはたわたる)氏が代表を務める。

スポンサード リンク

赤畑さんはNIHで、アフリカなどで発生し、高熱や頭痛を引き起こす感染症「チクングニア熱」のウイルスを研究し、その外側にある無害の殻だけを作り出す技術を開発した。
この空っぽのウイルスに、マラリア原虫のたんぱく質(抗原)を高密度に付着させてワクチンを作って動物に与えると、マラリアに対する免疫物質(抗体)が作られることも見つけた。

サルでワクチンの安全性と効果が確かめられたため、米食品医薬品局(FDA)が1月末に臨床研究の計画を認めた。

5月から始まる臨床研究では、約30人にワクチンを投与し、マラリアを持つ蚊に刺された場合に感染するかどうかを調べる。
効果が確認されれば、大規模な臨床研究を進める。

赤畑さんは京都大で博士号を取得後、2002年にNIHに留学、13年に起業した。
京大の大学院生時代、カメルーンでHIVウイルスについての現地調査を行い、エイズに苦しむ患者を目の当たりにした。
その経験から、「治療法のない病気を治す薬を作りたい」との思いを抱き、研究を続けているという。

<赤畑渉博士の略歴>45歳
広島県出身
人間・環境学、VLP Therapeutics CEO
東京工科大学客員準教授、
1993年4月東京大学理科2類入学
1997年3月東京大学教養学部基礎科学科卒業
1997年4月京都大学大学院人間環境学研究科入学速水正憲教授のもとHIVワクチンの開発、
2002年3月、同大大学院博士号取得「アカゲザルを用いた非感染性ウイルス粒子を産生するフルゲノムプラスミドによるHIV-1 DNAワクチンの開発」、
2002年4月~2012年9月 National Institutes of Health(国立衛生研究所)Vaccine Research Center(ワクチン研究センター)
2009年より上級サイエンティストになり、「VLP(ウイルスの形をした空粒子)」を使ったチクングンヤ熱のワクチンを開発するチームを総括し、2010年3月号の雑誌「Nature Medicine」でVLPに関する論文が掲載されただけではなく、雑誌の表紙をVLPの写真が飾り、赤畑の研究は世界的認知されるようになった。
2010年、チングンヤウイルスワクチンの開発でNIHワクチン・リサーチ・センター賞
2012年、チクングンヤウイルスワクチンの開発、臨床開発、及び、他3種類のアルファウイルスワクチン開発でNIHの最高の賞であるDirector’s Awardを受賞
2012年10月、VLPを使って様々な病の新薬を開発するためVLPTherapeuticsを創設しCEOに就任。
趣味:研究開発の合間に読書とサッカー。茶道もたしなむ。

 

 
[ 2019年2月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ