アイコン 毎日新聞増田常務退任 妻の覚醒剤逮捕引責

 

 

毎日新聞社は4日、増田耕一常務取締役(元東京本社代表)が退任したことを明らかにした。

退任は3月1日付。

同社によると、増田氏の妻が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕、起訴されたことを受け、退任の申し出があったという。

同社社長室は、「今回の事件に関与していないことは確認した。一方、社会的責任を痛感して退任したいという意向が示され、受理した」としている。

東京本社代表は2月12日、持株会社の取締役も3月1日に、それぞれ退いた。

スポンサード リンク

兵庫県警は2月7日、新宿区の自宅マンションに5.6グラムの覚醒剤を隠し持っていたとして、覚醒剤所持容疑で妻・ルミ子被告(46)を現行犯逮捕し、神戸地検が27日に起訴。県警は28日に同法違反(使用)容疑で再逮捕している。

以上、

増田ルミ子容疑者は、広告会社の社員として働き、読売新聞の広告を扱い、読売新聞東京本社の建物内に机も有していた。ダンナは高給取りで働く必要もなかったろうが・・・。神戸に居住時代からヤクをやり、売人のカモになっていたのだろうか。

以上、

 

 
[ 2019年3月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ