アイコン ツール・ド・九州・唐津 12~14日開催  44台参戦

 

 

国内最高峰のラリー競技会、JAF全日本ラリー選手権の第3戦「ツール・ド・九州2019in唐津」が12~14日、佐賀県唐津市で開催される。国内のトップドライバーによる44台の熱戦を観戦できる。
 ツール・ド・九州は、全国を転戦する全10戦の3戦目で、九州では唯一のレース。
排気量別の6クラスに分かれ、北海道や東京など全国からプロのドライバーたちが集う。
12日は試走、13、14の2日間でレースを行う。
13日午前8時、出場車が同市南城内の唐津神社前に集まり、同40分ごろから1台ずつ出発。
14日は午前7時45分、同市原のボートレースからつ(唐津競艇)の駐車場をスタートする。
同市相知町などの林道を中心に5コース(計約76キロ)を複数回走り、合計タイムを競う。

スポンサード リンク

13日午後0時45分から佐賀ロイヤルゴルフクラブ付近で、14日午前8時ごろから競艇場内で観戦できる。
観戦料は13日1500円、14日千円、高校生以下は無料。
受け付けは13日が午前9時半から、14日が午前7時から、いずれも競艇場内で。
先着順で13日が500人、14日が千人。
14日はクラシックカーの展示、バンド演奏などの催しもある。
グラベルモータースポーツクラブ事務局=090(8354)9866。
以上、西日本新聞参照

その迫力にぶっ飛ぶ。
 

スポンサード リンク
[ 2019年4月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ