アイコン パナホーム+トヨタホーム+ミサワホーム経営統合へ パナ社とトヨタ発表

 

 

パナソニックとトヨタは9日都内で記者会見を開催し、次世代のまちづくりや住宅の分野で新会社を来年1月に設立することを発表した。

パナソニックホームズとトヨタホームおよびミサワホーム(トヨタが51%の株主)など住宅事業を統合し、協業を進め、電気自動車(EV)や自動運転などの次世代車や、住宅サービス、スマートシティなどの街づくりなどを共同で行いたい考え。

両社はすでにEVなどに使う車載電池事業で新会社の設立を決めており、提携関係の一層の強化を図る。

住宅関連を成長事業の柱に位置づけるパナソニックは、平成29年に完全子会社化したパナソニックホームズのノウハウを提供。

一方、トヨタは本体で手がけるEVなどの次世代車やつながる車のコネクテッドカー部門や、グループ内のトヨタホームの技術などを提供して、新会社で次世代車や住宅サービスの開発を進める。

スポンサード リンク

 トヨタとパナソニックは現在、EVやハイブリッド車(HV)向けの車載電池の開発・生産で提携している。

来年末までにトヨタが51%、パナソニックが49%を出資して新会社の設立を予定している。

以上、

トヨタホームとミサワホームはトヨタ自動車の連結子会社で、18/3期は16,222戸、19/3期は15,133戸の販売実績を有し、住宅大手の一角。

 
[ 2019年5月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ