アイコン レオパレス21 19/3期予想 ▲690億円の赤字に

 

 

同社は、不正建築物の改修費用や関連費用などを計上することから、19年3月期の決算は▲690億円の赤字になると次のように発表した。

修正理由
1、施工不備の補修に係る特別損失の計上
2018年 4 月 27 日および同年5 月 29 日付で公表した当社施工物件の一部で界壁の不備、ならびに 2019年 2 月 7 日付で公表した全棟調査の過程で新たに確認された不備に係る補修工事関連損失引当金として2019年 3 月期第3 四半期末時点で累計430 億円を計上した。
今般、補修工事実績の蓄積による工事費用見積の精緻化、優先調査対象物件以外の物件における不備率の変動等によって、2019年 3 月期第4 四半期において、117 億円の追加特別損失を計上(累計547 億円)することにした。

スポンサード リンク

2、施工不備に起因した収益予想の見直し
施工不備の調査と補修工事完了まで対象物件の入居者募集を停止している影響により、2019年 3 月末の入居率は84.33%(前期末比△9.39ポイント)、期中平均入居率は 88.34%(前期比△2.25ポイント)に低下し、賃料収入等の減少が見込まれることから、2019年 3 月期通期における連結及び個別の収益予想を見直しすることにした。

3、空室損失引当金繰入に係る特別損失の計上
前述の施工不備に起因して空室が増加したことにより、空室損失引当繰入額として▲96 億円を特別損失に計上いたした。なお、当該損失は通常の事業活動では発生しない臨時かつ多額なものであるため、特別損失に計上した。
以上、組み込んだ結果、2019年3月期予想を次のとおりとしている。

売上高505,000百万円
営業利益7,300百万円
経常利益7,000百万円
当期利益▲69,000百万円の赤字
以上、

 

連結/百万円
17/3
18/3
19/3
売上高
520,488
530,840
505,000
営業利益
22,898
22,930
7,300
経常利益
22,355
22,354
7,000
株主利益
20,401
14,819
-69,000
総資産
337,828
337,257
 
自己資本
158,714
159,045
 
資本金
75,282
75,282
 
有利子負債
34,531
35,642
 
自己資本率
47.0%
47.2%
 

 

スポンサード リンク
[ 2019年5月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ