アイコン 「かんぽの宿」また11ヶ所閉鎖へ 箱根・勝浦・別府など宿名前/日本郵政

 

 

日本郵政は、全国に保有している宿泊施設「かんぽの宿」のうち、採算が悪化している11ヶ所の営業を年内で取りやめる方針を固めたことが分かった。

 

日本郵政は全国で53の宿泊施設などを保有しているが、多くの施設で来客数が伸び悩み、事業の赤字が続いているため、会計検査院が売却を含めた事業の見直しを求めていた。

日本郵政は「かんぽの宿」のうち、箱根、別府、勝浦などにある11ヶ所について、今年12月下旬に営業を取り止める方針を固めた。

日本郵政は今後、売却先を探すなど具体的な準備に入る方針。

 

日本郵政は、民営化に伴って郵政公社から71ヶ所の宿泊施設などを引き継いだが、これまでに18施設の営業を取り止め、今回の営業停止を含めると施設数は42となり、当初より約4割減る。

日本郵政は、さらに数ヶ所の営業の取り止めも検討していて、事業の安定化を一段と進めたい考え。

以上、報道参照

スポンサード リンク

空前の観光客が押し寄せている箱根でも赤字?、能力のない人たちを宿の長にしていれば、潰れるのも当然?従業員が可愛そう。

11ヶ所は以下

郡山(福島県郡山市)

磯部(群馬県安中市)

勝浦(千葉県勝浦市)

箱根(神奈川県箱根町)

諏訪(長野県諏訪市)

富山(富山県富山市)

浜名湖三ケ日(静岡県浜松市)

岐阜羽島(岐阜県羽島市)

湯田(山口県山口市)

徳島(徳島県徳島市)

別府(大分県別府市)

スポンサード リンク
[ 2019年5月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ