アイコン 甲府の山交百貨店閉店 最近の全国閉店一覧表 不振は少子化・郊外型に加えネット通販

 

 

昭和29年に創業した甲府駅前の山交百貨店が9月30日閉店する。店舗1階の出入り口に1日、「営業終了のお知らせ」を掲示した。
客の減少や郊外のショッピングモールなど他の大型店との競合が激化で、減収減益が続き、収支改善の見込みが立たないと判断した。
同店は平成元年に建て替えられ、平成とともに終わる。
地元客だけでなく、駅を利用する旅行客などの利用も多かった。甲府の玄関口から賑わいが一つ消えることになる。
 創業65年の同社の前身は「甲府松菱」。昭和36年7月、国際興業グループに入り、昭和40年11月に現商号に変更。婦人服、紳士服など衣料、食品、雑貨などを扱っている。
以上、

スポンサード リンク

地方百貨店を取り巻く環境は、少子高齢化、過疎化、共稼ぎ世帯の急増、交通インフラの充実、そして直接影響している郊外型大型ショッピングモールやファストファッションの台頭、ネット世代の台頭と共稼ぎ世帯急増によるネット通販の拡大などにより、地方百貨店の売上高の減少に歯止めがかからなくなっている。
こうした百貨店は、売れないファッションフロアー数の多さが経営を悪化させる最大の原因ともなっている。

<<最近の地方百貨店の閉店>>
<<最近の地方百貨店の閉店>>
(2018年以降2019年1月までに閉店及び閉店を発表した百貨店等)
「コレット」(井筒屋系/北九州)
井筒屋宇部店(山口県)
井筒屋サロン(飯塚市)
千葉三越、
多摩センター三越
新潟三越
伊勢丹府中店、
伊勢丹相模原店
伊勢丹松戸店
大丸山科店
大丸山科店
 
西武小田原店
西武船橋店
 
西武の高槻店と三宮店は阪急阪神に譲渡
名古屋の丸栄
近鉄百貨店 ショップ桔梗が丘(愛知県名張市)
函館市の棒二森屋(北海道)
函館市のMI PLAZA エムアイプラザ(北海道)
十字屋山形店(山形県)
スズラン高崎店スポーツファッション館(群馬県)
エムアイプラザ 富士川店(静岡県富士市)
ヤナゲン大垣本店・FAL店(岐阜県)
さとう 西舞鶴駅前店(京都府)
イズミヤ東寝屋川店(大阪府)
ヤマトヤシキ姫路店(兵庫県)
一畑百貨店出雲店(島根県)
岩田屋久留米店新館(福岡県)
熊本パルコ(熊本県)
※判明分のみ。

 

 
[ 2019年3月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ