アイコン ルネサス13工場で2ヶ月間操業停止へ 国内6工場も/中国経済低迷

 

 

日本に残っている半導体大手のルネサスエレクトロニクスは、国内外13工場で生産停止に踏み切る。
車載向け半導体など国内の主要6工場は、最大2ヶ月間という異例の長期間になる。
海外4工場でも数週間、操業を止める方針。
2019年度の生産は、2018年度比で1割超減る見通し。
中国で自動車や工作機械向けの需要が想定外に減っており、減産により在庫水準を適正化する。
中国経済の減速懸念が強まるなか、電子部品や半導体、非鉄金属など幅広い企業に影響が出始めている。
以上、

スポンサード リンク

日本が愛するアメリカ様が仕掛けた中国に対する貿易戦争、愛ゆえに何も言えない。
4月から日本との貿易交渉がいよいよ始まる。
日本政府のアメリカ政府に対する愛(=莫大な兵器購入)が伝わるかはまったくわからない。米国は交渉人に、対日貿易強硬派を陣取らせている。

中国との貿易交渉では、中国が今後5年間で総額1兆3500億ドル規模の米製品輸入が決定している模様だが、今月末の米中首脳会談で結論が出る。
しかし、301条適用の肝心の知的財産権侵害問題では、中国側は条件付を示し、ほとんど中身はない。・・・どうなることやら。
今年の中国の国防予算が前年比7.5%増の約20兆円になることも中国の国益第一主義、強気が伺える。

スポンサード リンク
[ 2019年3月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ